《ペインペインター/Pain Painter》

チューナー(効果モンスター)
星2/闇属性/アンデット族/攻 400/守 200
このカードのカード名は、
フィールド上に表側表示で存在する限り「ゾンビキャリア」として扱う。
また、1ターンに1度、このカード以外の
自分フィールド上のアンデット族モンスターを2体まで選択して発動できる。
選択したモンスターのレベルはエンドフェイズ時まで2になる。
この効果が適用されたモンスターをシンクロ素材とする場合、
アンデット族モンスターのシンクロ召喚にしか使用できない。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 遊戯王ゼアル OCG デュエリストカードプロテクター EX 六武衆の影−紫炎 付属カードで登場した闇属性アンデット族下級モンスターチューナー
 カード名《ゾンビキャリア》として扱う永続効果と、他のアンデット族モンスターレベルを変化させる起動効果を持つ。

 アンデット族シンクロモンスター《ゾンビキャリア》アンデット族シンクロ素材として指定している。
 このため他にモンスターが2体以上存在すれば、レベル調整効果によりその全てをシンクロ召喚できる。

 もっとも、一般的な【アンデット族】で多用される主力モンスターレベル4がほとんど。
 《ゾンビキャリア》を指定する《デスカイザー・ドラゴン》等のシンクロ素材としても、基本自己再生できるあちらの方が優先される。
 唯一《ゾンビキャリア》ではシンクロ召喚が困難な《アンデット・スカル・デーモン》《妖刀−不知火》による効果特殊召喚した方が容易。
 ただ墓地リソースの消耗や特殊召喚後は蘇生制限を満たせないため、それらを避けたいのであればこちらを優先できる。

 または特殊召喚しやすいレベル変更カードとしても考えられる。
 例えば《地獄の門番イル・ブラッド》《同姓同名同盟》対象にする、《ワイト夫人》適用範囲を広げると言った運用が可能。
 シンクロ召喚は考えず、ランク2のエクシーズモンスターを出すために利用するのも手だろう。

  • カード名は「pain(苦しみ)」と「painter(画家)」をかけたシャレとなっている。
  • 元々は、海外版Generation Forceで追加された10種の海外新規カードの内の1枚である。
    付属されたプロテクターの発売はEXTRA PACK 2012の発売直前であるが、同時製造・出荷のため、厳密には再録ではない。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果対象としたモンスター効果解決時に別の種族となった場合、レベルは変化しますか?
A:はい、2に変化します。(12/10/12)

Q:効果対象としたモンスターのどちらかが効果解決時フィールドを離れていた場合、もう1体のレベルは変化しますか?
A:はい、2に変化します。(12/10/12)


Tag: 《ペインペインター》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星2 闇属性 アンデット族 攻400 守200

広告