《ペンデュラム・エリア/Pendulum Area》

通常罠
(1):自分フィールドのモンスターがPモンスターのみの場合、
自分のPゾーンのカード2枚を対象として発動できる。
そのカード2枚を破壊し、このターンお互いにP召喚以外の特殊召喚ができない。

 ディメンション・オブ・カオスで登場した通常罠
 自分ペンデュラムゾーンカード破壊することでペンデュラム召喚以外の特殊召喚を封じる効果を持つ。

 ペンデュラムスケールを変動する目的でも利用できるが、その場合《揺れる眼差し》の方が使いやすい。
 そのため特殊召喚お互いに封じる効果をメインに利用していきたい。

 ペンデュラム召喚以外の特殊召喚を封じるので、相手ターンでは展開を妨げる強力なメタになる。
 自分ターン発動するのは、《バトルフェーダー》《冥府の使者ゴーズ》等の妨害を封じてトドメを狙う場合に有効である。

  • イラストは鉄扉に「PENDULUM」と虹色で描かれているバリケードテープが張られている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:裏側守備表示ペンデュラムモンスターが存在する場合、このカード発動できますか?
A:できません。(15/07/18)

Q:このカード発動時、対象にしていたペンデュラムゾーンカード《サイクロン》等で破壊された場合、処理はどうなりますか?
A:もう1枚のペンデュラムゾーンのカードは破壊されず、「そのカード2枚を破壊し」の処理が行えないため、ペンデュラム召喚以外の特殊召喚が行えない効果も適用されません。(15/07/17)

Q:このカード発動時、対象にしていたペンデュラムゾーンカード《閃こう竜 スターダスト》効果破壊されなかった場合、処理はどうなりますか?
A:もう1枚のペンデュラムゾーンのカードは破壊されますが、「そのカード2枚を破壊し」の処理が行えないため、ペンデュラム召喚以外の特殊召喚が行えない効果も適用されません。(15/07/17)

Q:既にこのカード発動する前にペンデュラム召喚以外の特殊召喚を行っていた場合、このカード発動できますか?
A:発動できます。(15/07/20)


Tag: 《ペンデュラム・エリア》 通常罠 ペンデュラム

広告