《マドルチェ・ティーブレイク/Madolche Tea Break》

カウンター罠
自分の墓地にモンスターが存在しない場合に発動できる。
魔法・罠カードの発動を無効にし、そのカードを持ち主の手札に戻す。
自分フィールド上に「マドルチェ・プディンセス」が存在する場合、
さらに相手フィールド上のカード1枚を選んで破壊できる。

 RETURN OF THE DUELISTで登場したカウンター罠

 カウンター罠の中では序盤を除き発動条件が厳しい上に、無効にしても手札に戻すため魔法カードは再発動され、罠カードも一時凌ぎにしかならない。
 単に無効にしたいのならば、ディスアドバンテージはあるが《魔宮の賄賂》の方が使いやすい。

 アドバンテージを稼ぐ形でこのカードを使うなら、《マドルチェ・プディンセス》の維持が前提の破壊効果を使うことになる。
 無効にして手札に戻すので自分カードに対して使ってもアドバンテージを失わず、能動的に発動することもできる。
 しかし、《マドルチェ・プディンセス》自体はサポートカードがなければ場持ちは期待できず、墓地モンスターを置かずに出すのは難しい。
 揃えばそれなりのメリットはあるが、単に破壊効果目的でも《サンダー・ブレイク》等、より扱いやすいカードもあるため優先できるかは難しい所である。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALII(セカンド)第92話のハートランド学園の学園祭にてこのカードイラストを用いた出店の看板が登場した。
    • アニメDM「ドーマ編」において、ラフェールがこのカードによく似た効果を持つ《ガーディアン・フォース》を使用している。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:「《マドルチェ・プディンセス》」が存在する場合に破壊する相手カードを選択するタイミングはいつになりますか?
A:効果解決時に選択します。(12/04/18)

Q:無効にして手札に戻す処理とカード破壊する処理は同時に行われる扱いですか?
A:いいえ、同時に行う扱いではありません。(12/04/18)


Tag: 《マドルチェ・ティーブレイク》 カウンター罠 マドルチェ

広告