《ミステリーサークル/Crop Circles》

通常罠
自分フィールド上のモンスターを任意の数だけ墓地へ送って発動できる。
墓地へ送ったモンスターのレベルの合計と同じレベルの
「エーリアン」と名のついたモンスター1体をデッキから特殊召喚する。
特殊召喚できなかった場合、自分は2000ポイントダメージを受ける。

 POWER OF THE DUELISTで登場した通常罠
 自分フィールドモンスター墓地へ送ることで、その合計レベルに応じてエーリアンリクルートする効果を持つ。

 レベルの合計が同じならどんなエーリアンでもリクルートできるので、このカードを使うならやはり上級エーリアン特殊召喚を狙いたいところ。
 しかしそのまま使うとディスアドバンテージも大きいため、できれば《洗脳光線》などでコントロール奪取した相手モンスターコストに利用したい。
 また除去回避のサクリファイス・エスケープや、攻撃後の自分モンスターコストリクルートしたエーリアンで追加攻撃することも可能である。

 この効果による特殊召喚に失敗すると大きな効果ダメージを受けることになるが、実際にはこの効果自分ダメージを受けることは稀である。
 ここでいう「特殊召喚できなかった場合」には、《王宮のお触れ》《神の警告》などでこのカード発動効果無効になった場合は含まれない。
 つまり、このカード発動効果無効にされず、その効果解決時デッキからエーリアン特殊召喚できない場合にのみダメージが発生する。

  • 「ミステリーサークル(Crop Circle)」とは、畑の作物などが円形などの模様になぎ倒された状態のことを指す。
    世界各地でその存在が確認されており、原因として「地球外生命体の仕業である」と唱える者もいた。
  • 1980年代には基本的な円形状が多かったが、1990年に入ると直線を組み合わせた複雑な形のものも発生した。
    当初は「UFOの着陸痕跡」や「プラズマによる自然現象」など、様々な説が飛び交い、人為的な現象とする説は否定的だった。
    しかし、発端がイギリスの二人の老人による仕業と判明したことから、現在ではほとんどが「イタズラ」と判断されている。
  • 英語名にある「Crop」とは「作物」を意味する。
    畑などで多く見られたことから、海外では「Crop Circle」と呼ばれている。

関連カード

エーリアンのレベル一覧

収録パック等

FAQ

Q:このカード発動効果《神の宣告》無効になった場合、ダメージ発生しますか?
A:その場合はダメージを受ける効果無効になるので、ダメージは発生しません。(10/06/30)

Q:発動コストとして、裏側表示モンスター墓地へ送ることができますか?
A:はい、できます。(15/10/17)

Q:発動コストとして、モンスター扱いの罠モンスター墓地へ送ることができますか?
A:いいえ、墓地へ送って発動する事自体できません。(15/08/20)

Q:デッキ内に特殊召喚可能なエーリアンが存在しない時、発動できますか?
A:対応するレベルエーリアンデッキに1枚も存在しない場合は、発動自体が不可能です。(08/09/24)

Q:この効果チェーンして《二者一両損》発動され、特殊召喚可能なエーリアンデッキに存在しなくなった場合はどう処理しますか?
A:その場合は発動が成立しているので特殊召喚失敗となり、2000ポイントのダメージを受けます。(08/09/24)

Q:レベルが変動していた場合、フィールド墓地のどちらの数値を参照しますか?
A:墓地でのレベルを参照します。(10/09/15)

Q:効果解決時発動時に墓地へ送ったモンスター墓地に存在しなくなった場合でも、そのモンスターレベルの数値はカウントされますか?
A:いいえ、カウントしません。(15/10/17)

Q:《ミステリーサークル》のコストとして、元々のレベルが3でフィールドでのレベルが4のモンスターのみを墓地へ送る場合、何レベルの「エーリアンモンスターデッキに存在する必要がありますか?
A:ご質問の場合、レベル3の「エーリアン」と名のついたモンスターデッキから特殊召喚する事になるため、そのモンスターデッキに存在している必要があります。(15/10/22)


Tag: 《ミステリーサークル》 通常罠

広告