《ミストデーモン/Mist Archfiend》

効果モンスター
星5/闇属性/悪魔族/攻2400/守   0
このカードは生け贄なしで召喚する事ができる。
この方法で召喚した場合、このカードはエンドフェイズ時に破壊され、
自分は1000ポイントダメージを受ける。

 ※テキスト中の「生け贄」は「リリース」を指す。

 ストラクチャーデッキ−暗闇の呪縛−で登場した闇属性悪魔族上級モンスター
 リリースなしで召喚できる召喚ルール効果と、自壊して自分ダメージを受ける誘発効果持つ。

 効果により、下級デメリットアタッカーとして扱うことができる。
 上級モンスターで2400の攻撃力は平凡だが、下級モンスター相当と見れば破格の数値である。

 エンドフェイズ時に破壊されるため、戦闘を介するライフコスト付きの使い捨て除去としても運用できる。
 もしくは《邪神機−獄炎》と同様に《強制転移》送りつけてしまうのも有効だろう。
 あちら程のダメージは与えられないが、ボード・アドバンテージの損失は与えられるため狙う価値はある。

 【デーモン】では《トリック・デーモン》サーチすることで妥協召喚可能な即戦力として運用できる。
 自壊しても《万魔殿−悪魔の巣窟−》適用下ならば、さらにレベルの低いデーモンサーチできるため戦線を維持しやすい。

 しかし、同様に妥協召喚できる《戦慄の凶皇−ジェネシス・デーモン》の存在により、その立場は少々危うい。
 あちらは自壊時にダメージも無く除去効果の万能性から、ステータスの半減もこちらの優位と見なしにくい。
 ただし、こちらは《悪夢再び》サルベージでき、妥協召喚から即座に《魔のデッキ破壊ウイルス》媒体にできる利点がある。
 加えて《伏魔殿−悪魔の迷宮−》適用下でなら《闇のデッキ破壊ウイルス》にも対応し、特殊召喚効果ランク5のエクシーズ召喚も狙える。

 また、《カメンレオン》に対応するステータスを持ち、蘇生後はそのまま《鬼岩城》シンクロ召喚できる。
 墓地へ送られた後も《ダーク・コーリング》で2体を融合素材とする事で《E−HERO ダーク・ガイア》融合可能となる。

関連カード

―《ミストデーモン》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:自壊ダメージは同時に処理されますか?
A:はい、それぞれ同時に処理される扱いとなります。

Q:妥協召喚したこのカードが、エンドフェイズ前にフィールド離れた場合、ダメージは発生しますか?
A:いいえ、発生しません。(07/03/08)

Q:妥協召喚したこのカードが、《亜空間物質転送装置》等で一旦フィールドから離れて戻ってきた場合、エンドフェイズ自壊しますか?
A:はい、します。(11/06/29)

Q:《スキルドレイン》適用下でこのカード妥協召喚し、自壊効果を回避した次のターン《スキルドレイン》破壊された場合、そのターンエンドフェイズ自壊しますか?
  (《光神機−閃空》のように「召喚されたターンの〜」と書かれていないための質問)
A:はい、《スキルドレイン》フィールドを離れたターンエンドフェイズ自壊効果が発生します。(07/04/20)

Q:妥協召喚したターン《月の書》等で裏側表示にした場合、エンドフェイズ自壊しますか?
A:いいえ、しません。
  また、次のターン以降に表側表示になった場合でもエンドフェイズ時に自壊しません。(09/01/04)

Q:妥協召喚したこのカードコントロール相手に移り、エンドフェイズ自壊した場合、ダメージを受けるのはどちらのプレイヤーですか?
A:相手フィールド上で元々の持ち主が自分のこのカード自壊した場合、相手プレイヤーダメージを受けます。(12/07/20)


Tag: 《ミストデーモン》 効果モンスター モンスター 星5 闇属性 悪魔族 攻2400 守0 デーモン

広告