《ミラーフォース・ランチャー》

永続罠
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに手札からモンスター1体を捨てて発動できる。
自分のデッキ・墓地から「聖なるバリア −ミラーフォース−」1枚を選んで手札に加える。
(2):セットされたこのカードが相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
墓地のこのカードと自分の手札・デッキ・墓地の「聖なるバリア −ミラーフォース−」1枚を選び、
そのカードとこのカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたカードはセットしたターンでも発動できる。

 CYBERNETIC HORIZONで登場した永続罠
 自分ターン手札モンスター《聖なるバリア −ミラーフォース−》に変換できる効果と、セットされた状態で相手によって破壊された時に自身と《聖なるバリア −ミラーフォース−》セットする効果を持つ。

 (1)は《聖なるバリア −ミラーフォース−》サーチサルベージする効果
 この効果を使用した後に魔法・罠カードセットすることで《聖なるバリア −ミラーフォース−》と思わせて攻撃を躊躇させる、もしくは除去を誘う役割となる。
 後者の場合を見越して、《やぶ蛇》などの破壊された場合に発動するカードセットしてもいい。

 (2)はセットされている自身が破壊された場合に自身を再セットし、さらに《聖なるバリア −ミラーフォース−》セットする効果
 セットした《聖なるバリア −ミラーフォース−》はそのターン発動できるため、迎撃が可能となる。
 通常、伏せ除去を行えば、無駄打ちになってもその後の安全は確保できるが、この効果を使えば伏せ除去を無駄打ちさせた上、相手攻撃をしのげることになる。
 さらに別の除去カードがあった場合は攻撃をしのげないものの、除去を連発させてカード消費を増やせる。

 1ターンに1度の制限もないため、《裁きの龍》のような複数回発動可能な全体除去に対して《聖なるバリア −ミラーフォース−》共々擬似的な耐性があると言える。
 1度発動すると基本的に2度目の発動は狙えないため無意味にセットされたままになるが、存在するだけで全体除去への牽制にはなる。
 もしくは必要に応じて(1)の効果に回し、《聖なるバリア −ミラーフォース−》セットして除去をさらに強要する手もある。

 注意したいのは、このカード《聖なるバリア −ミラーフォース−》攻撃を牽制しているだけで、相手の展開を直接的に妨害している訳では無い点。
 【フルバーン】などが相手では機能しないのは勿論だが、魔法・罠カード無効にするモンスターを出されたり、破壊耐性持ちを出された場合、《聖なるバリア −ミラーフォース−》では対処できない。
 また、《コズミック・サイクロン》除外された場合は(2)の効果発動できず、攻撃抑止はできない。

 総じて、事前の伏せ除去に弱かった《聖なるバリア −ミラーフォース−》の弱点を補うカードといえる。
 《聖なるバリア −ミラーフォース−》を採用するなら是非併せて採用しておきたい。
 《ミラーフォース・ドラゴン》を採用するデッキなら無理なく投入できるだろう。

  • カード名は発射装置を意味するランチャーと、プログラムを引き出す「プログラムランチャー」をかけたものであろうか。

関連カード

効果イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ミラーフォース・ランチャー》 永続罠

広告