《ライトレイ ソーサラー/Lightray Socerer》

効果モンスター
星6/光属性/魔法使い族/攻2300/守2000
このカードは通常召喚できない。
ゲームから除外されている自分の光属性モンスターが3体以上の場合のみ特殊召喚できる。
1ターンに1度、ゲームから除外されている
自分の光属性モンスター1体を選択してデッキに戻し、
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択してゲームから除外できる。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

 GALACTIC OVERLORDで登場した光属性魔法使い族特殊召喚モンスター
 自身を特殊召喚する召喚ルール効果モンスター1体を除外する起動効果を持つ。

 他のライトレイモンスターと違い、墓地モンスターではなく除外されているモンスターの数を召喚条件としている。
 条件を満たすためには、自身を能動的に除外できる《異次元の女戦士》《サイバー・ヴァリー》墓地光属性除外できるカオス《霊魂の護送船》を使って積極的に自分モンスター除外していく必要がある。
 その他、相性の良いデッキカードは以下の通り。

  1. 光属性軸の【次元HERO】《フュージョン・ゲート》によって《V・HERO トリニティー》融合召喚するだけで召喚条件を満たし、無理なく併用できる。
    《平行世界融合》使用と同ターン特殊召喚できないので、【E・HERO】の肝である回転力に一層気を払う必要はあるだろう。
  2. 【Sin】Sinモンスターのうち3種が、召喚時に能動的に光属性モンスター除外でき、デメリットも相殺できる。
  3. 【VWXYZ】《XYZ−ドラゴン・キャノン》特殊召喚できればこのカード召喚条件を満たせる。
  4. 《サイバー・エルタニン》光属性機械族モンスターを大量に除外できるため相性が良い。
  5. 【光属性】《次元の裂け目》《マクロコスモス》を積んだ構築に隠し味として採用するのも面白い。
  6. 《神聖なる魂》光属性モンスター除外しつつこのカードと共にランク6のエクシーズモンスターの素材になれる点で相性が良い。
    中でも《セイクリッド・トレミスM7》効果によりこのカード手札に戻し、再び特殊召喚することができる。
  7. 【PSYフレーム】《PSYフレーム・サーキット》が無い場合効果除外され続けるデッキのため特殊召喚しやすく、またデッキの中心である《PSYフレーム・ドライバー》除外からデッキに戻す効果は大きなメリットになる。

 効果《カオス・ソーサラー》と類似しており、ほぼノーコストモンスター除外できる。
 除外されている自分光属性モンスターデッキ戻す効果は、モンスターを再利用できるメリットになりうる。
 対象を引いてしまった後は腐ることの多い《機械複製術》の再利用を狙うこともできる。
 特に《サイバー・ヴァリー》は能動的に除外でき、かつ《機械複製術》とも相性が良い。
 しかし、除外されたカードが減ることでデッキに眠る2枚目以降のこのカード特殊召喚《奇跡の光臨》発動を阻害する可能性もある。
 光属性除外しやすい構築にしておきたい。

 《カオス・ソーサラー》と違い、正規の手順で特殊召喚されてから墓地へ送られても蘇生できない。
 逆に、特殊召喚時にコストが必要ではないため、条件が揃ってさえいれば2体以上展開できる。
 《カオス・ソーサラー》で条件を整えるのも一興だろう。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:光属性モンスターデッキ戻す行為は効果ですか?コストですか?
A:効果扱いです。また、デッキ戻す処理と除外する処理は同時に行う扱いです。(12/02/18)

Q:光属性モンスターデッキ戻す時、融合モンスターシンクロモンスターエクシーズモンスターを選択する事はできますか?
A:はい、できます。
  その場合、それらのモンスターエクストラデッキに戻します。(12/03/04)


Tag: 《ライトレイ ソーサラー》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星6 光属性 魔法使い族 攻2300 守2000 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告