《ラブラドライドラゴン/Labradorite Dragon》

チューナー(通常モンスター)
星6/闇属性/ドラゴン族/攻   0/守2400
ラブラドレッセンスと呼ばれる特有の美しい輝きを放つウロコを持ったドラゴン。
そのウロコから生まれる眩い輝きは、見た者の魂を導き、
感情を解放させる力を持つ。
――その光は前世の記憶を辿り、人々を巡り合わせると伝えられる。

 SHADOW SPECTERSで登場した闇属性ドラゴン族上級モンスターチューナー

 闇属性ドラゴン族通常モンスターで、加えて攻撃力0と使用できるサポートカードは多い。
 聖刻《カーボネドン》等のリクルート手段、《竜の霊廟》《ダーク・グレファー》《調和の宝札》等の墓地へ送る手段、聖刻《おもちゃ箱》《銀龍の轟咆》等の特殊召喚手段に恵まれたモンスターである。
 《地獄の暴走召喚》に対応する上級モンスターであり、《聖刻龍王−アトゥムス》等で特殊召喚すれば同名カード全てを展開に活用できる。
 単体での能力は期待できないので、基本的には特殊召喚で展開し、即座にシンクロ素材エクシーズ素材とするのが望ましい。

 このカードを最も活用できるデッキ【聖刻】であろう。
 《エレキテルドラゴン》とは相互互換関係にあり、あちらはアタッカーとして使用でき、こちらはシンクロ素材として使用できる。
 【聖刻】においてドラゴン族下級モンスターを採用していない場合、実際にシンクロ召喚可能なパターンはレベル5との《星態龍》のみになるが、レベル通常モンスターを採用していない場合でも、《聖刻龍−ネフテドラゴン》を活用しやすくなる。
 シンクロ召喚ではないものの、チューナーなので同じレベル6のモンスター《アルティマヤ・ツィオルキン》特殊召喚することも可能。
 また、レベルドラゴン族通常モンスターとしては唯一の闇属性であるため、聖刻《竜の霊廟》とあわせカオス等の特殊召喚にも転用しやすく、《ライトパルサー・ドラゴン》でも蘇生できる利点がある。

 他の採用候補となるデッキとしては、《聖刻龍−トフェニドラゴン》をギミックとして取り入れた【帝コントロール】等の別のデッキで活躍が期待できる。
 【おジャマ】では、《おジャマ・カントリー》で攻守を入れ替えることでアタッカーとしても使用できるようになり、通常モンスターサポートカードも共有することが可能である。

 《ドラゴラド》《聖刻龍−ドラゴンヌート》から特殊召喚する事で《トライデント・ドラギオン》を素早くシンクロ召喚できる。
 後者はフィールドに残る《竜魂の城》等をトリガーとする事でさらにコンボの威力を高められる。
 《輝白竜 ワイバースター》《暗黒竜 コラプサーペント》からアドバンス召喚した場合でも、サーチしたもう一方を並べてそのまま《トライデント・ドラギオン》に繋げられる。

  • 「ラブラドライト」とは、「ラブラドル長石」とも呼ばれる斜長石(長石)の一種のことである。
    フレイバー・テキストにある通り、ラブラドレッセンスと呼ばれる特有の輝きを持ち、見る角度によって異なる色で輝く。
    宝石には分類されないが、テキストにあるように魂や前世に働きかける力があるとして、パワーストーンとして販売されている。

関連カード

―他の「宝石ドラゴン」については《ダイヤモンド・ドラゴン》を参照。

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ラブラドライドラゴン》 チューナーモンスター 通常モンスター モンスター 星6 闇属性 ドラゴン族 攻0 守2400

広告