《ラヴァ・ドラゴン/Lava Dragon》

効果モンスター
星4/炎属性/ドラゴン族/攻1600/守1200
自分フィールド上に表側守備表示で存在する
このカードをリリースして発動する。
自分の手札及び墓地からレベル3以下の
ドラゴン族モンスターをそれぞれ1体ずつ特殊召喚する。

 RAGING BATTLEで登場した炎属性ドラゴン族下級モンスター
 自身をリリースする事で自分手札墓地からドラゴン族特殊召喚できる起動効果を持つ。

 このカード1枚から2体を特殊召喚できるため、シンクロ召喚エクシーズ召喚に繋げやすい。
 片方にチューナーを選択する事でレベル2〜6のシンクロ召喚ができ、双方のレベルを合わせるとランク1〜3のエクシーズ召喚ができる。
 《デルタフライ》ならばレベル7のシンクロモンスターも狙え、2体特殊召喚する事でランク4のエクシーズ召喚も可能となる。
 その他、デッキによっては《ハウンド・ドラゴン》《ボマー・ドラゴン》《伝説の白石》も選択候補となる。

 表側守備表示でなければ効果発動できず、通常召喚では即座に発動できないので、使う場合は特殊召喚手段がほぼ必要になる。
 ただし、中途半端に高い攻撃力から《仮面竜》リクルートに対応していない。

 《竜魂の幻泉》《強化蘇生》なら容易に表側守備表示蘇生が可能。
 《コドモドラゴン》とはシナジーがあり、互いの効果特殊召喚が可能。
 《ポケ・ドラ》通常召喚してその効果発動し、《トランスターン》でこのカード特殊召喚することで即座にランク3のエクシーズ召喚に繋げることも可能。
 《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》特殊召喚サポートにも使え、また、あちらの効果でこのカード蘇生すれば再び効果が使用できる。
 《炎王炎環》にも対応しており、このカードの効果炎属性ドラゴン族を用意できれば蘇生効果から更なる展開も狙いやすい。
 前準備が必要になるが、レベルモンスター2体でエクシーズ召喚できる《虚空海竜リヴァイエール》効果特殊召喚するという手もある。

 また、手札墓地の双方にレベル3以下のドラゴン族が存在しなければ効果発動できない。
 墓地はともかく手札ドラゴン族が存在しなければならないのは実質発動条件に近い。
 《ポケ・ドラ》ならば手札墓地の両方に特殊召喚の対象を確保しやすい。
 《竜の渓谷》ならドラゴン族ドラグニティサーチすることで発動条件を満たせる。
 また、《竜の渓谷》でこのカードや、蘇生させたいドラゴン族墓地に置くことも容易。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:起動効果です。(09/02/19)

Q:墓地ドラゴン族対象にとりますか
A:いいえ、とりません。(09/02/19)

Q:特殊召喚は同時ですか?
A:はい、同時扱いです。(10/07/09)

Q:手札墓地の片方にしかレベル3以下のドラゴン族モンスターが存在しない場合、効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(09/02/22)

Q:効果解決時手札墓地の片方にレベル3以下のドラゴン族モンスターが存在しなくなった場合、もう片方のモンスター1体だけを特殊召喚できますか?
A:いいえ、特殊召喚できません。(15/01/05)


Tag: 《ラヴァ・ドラゴン》 効果モンスター モンスター 星4 炎属性 ドラゴン族 攻1600 守1200

広告