《リ・バウンド/Rebound》

カウンター罠
フィールド上のカードを手札に戻す効果を相手が発動した時に発動できる。
その効果を無効にし、相手の手札・フィールド上からカードを1枚選んで墓地へ送る。
また、セットされたこのカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、
デッキからカードを1枚ドローする。

 RETURN OF THE DUELISTで登場したカウンター罠
 バウンス無効にし相手手札フィールドカード墓地へ送る効果と、セットされた自身が相手破壊された時にドローする効果を持つ。

 バウンスに限定されたピンポイントなメタカードであり、相手バウンス無効にしつつ相手カード一枚を除去できる。
 採用率の高い《強制脱出装置》《神風のバリア −エア・フォース−》等がめぼしい仮想敵となるが、《爆竜剣士イグニスターP》《鳥銃士カステル》といったデッキ戻すタイプも環境レベルに多く、それらに発動できない点が残念である。
 しかし、後半のドロー効果があるため発動する機会が無くても全くの無駄にはならないという利点がある。
 【セイクリッド】等のバウンスを多用するデッキが流行すれば採用できるだろう。

 バウンス効果をノーコスト無効化すると同時に手札フィールドカードをどちらか選択して墓地へ送る追加効果を持っている。
 関連する他のカウンター罠とは異なり、無効にして破壊まではしないが、《強制脱出装置》なら他のカード除去してアドバンテージを得ることができ、《セイクリッド・プレアデス》なら《セイクリッド・プレアデス》自身を墓地へ送れば良い。
 手札カードも選択できるので除去対象に困ることは無く、発動さえできればアドバンテージを得ることができる。

  • イラストでは、ゴブリンと思われる手が、バスケットボールのゴールに弾かれた羊トークンを"リバウンド"しようとしている様が描かれている。
    《トークン収穫祭》イラストではふわふわと浮かんでいる羊トークンは、 バスケットのボール代わりにできるものなのだろうか?
    ボール代わりにされている羊トークンはそんなことは意にも介さず、安らかな表情で鼻ちょうちんを膨らませて眠っている。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:融合シンクロエクシーズモンスター対象にした《強制脱出装置》発動に対して発動できますか?
A:はい、できます。(12/04/21)

Q:自身の効果特殊召喚された《ゾンビキャリア》《A・ジェネクス・バードマン》対象にした《強制脱出装置》発動に対して発動できますか?
A:はい、できます。(12/09/12)

Q:《ペンギン・ソルジャー》リバース効果発動し、手札に戻る効果使用しない場合、それにチェーンしてこのカード発動できますか?
A:《ペンギン・ソルジャー》効果発動し、手札戻すモンスターを1体以上選択して発動した場合に限り、チェーンしてこのカード発動できます。
  なお、《ペンギン・ソルジャー》効果発動する場合、手札戻すモンスターの数に、0体は選択できません。(14/05/29)

Q:《スキルドレイン》効果無効になった《氷結界の龍 ブリューナク》効果の発動に対して発動できますか?
A:はい、その場合でも発動できますが、このカードの効果により無効にする処理ができないので、墓地へ送る効果適用されません。(15/02/01)

Q:ドローする効果チェーンブロックが作られますか?
A:はい、作られます。(12/04/20)

Q:墓地へ送るのは合計で1枚ですか?
A:はい、そうです。「手札フィールドから1枚ずつ合計2枚」ではありません。(12/08/24)

Q:手札墓地へ送る処理の際、相手手札確認できますか?
A:いいえ、手札墓地へ送る場合はランダムで選択して墓地へ送ります。(12/04/22)

Q:相手コントロールを移した自分スピリットモンスターの「エンドフェイズ時に持ち主手札に戻る」効果に対して発動無効化できますか?
  また、もし無効化された場合、そのターン中再びその効果発動しますか?
A:はい、無効化できます。
  なお、その効果発動エンドフェイズ中に1回のみとなる為、再度発動はしません。(12/07/22)

Q:《旅人の試練》効果無効にできますか?
A:罠カード効果の発動であるため、このカードの発動自体ができません。(13/07/06)

Q:《マドルチェ・ティーブレイク》発動に対して発動にできますか?
A:いいえ、《マドルチェ・ティーブレイク》効果発動無効にされ手札戻す魔法・罠カードフィールドから手札戻す扱いではないので発動できません。(15/02/12)


Tag: 《リ・バウンド》 カウンター罠

広告