《レッサー・デーモン/Lesser Fiend》

効果モンスター
星5/闇属性/悪魔族/攻2100/守1000
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
このカードが戦闘によって破壊したモンスターは墓地へは行かずゲームから除外される。

 Struggle of Chaos −闇を制する者−で登場した闇属性悪魔族上級モンスター
 デーモンの名を持ち、戦闘破壊したモンスター除外する永続効果を持つ。

 戦闘破壊したモンスター除外するモンスターの開祖。
 他にも何体か同じような効果を持つモンスターがいるが、このカード永続効果となっている。
 これはメリットにもデメリットにもなる。

 《水精鱗−アビスリンデ》等の墓地発動するモンスター効果発動させず、除外によって再利用も封じることができる。
 もちろんリクルーター破壊できるので、それらに対しては滅法強い。
 単純に墓地へ送らないだけでも《貪欲な壺》等を妨害できるため、強力な効果である。

 難点としては上級モンスターでありながら攻撃力が低く、直接アドバンテージを得られない点が挙げられる。
 攻撃力で上回る《聖導騎士イシュザーク》の存在以前に、単純にアドバンス召喚を狙うならば、戦闘する必要もなく、かつカードの種類も問わない《邪帝ガイウス》のほうが強力である。
 こちらは継続的に除外が狙えるものの、下級モンスターに毛が生えた程度の攻撃力では場持ちは期待できない。
 永続効果ゆえに《フォトン・スラッシャー》などと相打ちに持ち込まれると除外すらできない。

 全体強化コンバットトリックで補う事も考えられるが、それならば《閃光の追放者》《異次元の狂獣》を用いたほうが効率的。
 当然ながら、展開から攻撃までに妨害を受ける可能性も高く、リスクとリターンが見合っていない。
 闇属性悪魔族サポートカードもこれといって相性が良いものもなく、それらを用いるにしても《邪帝ガイウス》リリースに充ててしまったほうが無難である。
 《E−HERO ヘル・ゲイナー》による2回攻撃効果を付与させる事もできるが、効力を発揮できるだけの状況に持ち込むことすら困難だろう。

 デーモンと名が付くため各種サポートを受けられるが、【デーモン】では同じレベルを持つ《ミストデーモン》を押しのけての採用は難しい。
 一応、《伏魔殿−悪魔の迷宮−》適用下では妥協召喚した《ミストデーモン》を選択する事で特殊召喚が可能。
 ランク5のエクシーズ召喚にも繋げられるが、それならば《ミストデーモン》をもう1体特殊召喚しても結果は変わらない。
 ただし、打点は強化されるため戦闘破壊時の効果発動しやすくなるメリットは存在する。
 リクルーターを多用するデッキメタを張るならば採用できるだろうか。

 《デス・デーモン・ドラゴン》融合素材になるため、融合召喚関連のサポートを受けられる。
 ただ、同パックの2種に比べ融合先は地味さが否めないため、《終末の騎士》以外にも《E・HERO プリズマー》墓地へ送り《デーモンの雄叫び》蘇生に繋げる事ができるくらいのメリットになるか。

  • 海外版では大きくイラストが変更されている。(海外版イラスト変更カード
    悪魔はキリスト教の概念であり、角・翼・尻尾とあらゆる部分が削除され、かなり悲惨な状態になっている。

関連カード

融合関連

―名前関連

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:永続効果です。

Q:相打ち時に相手モンスター除外できますか?
A:このモンスター効果永続効果であるため、自身も戦闘で破壊されることが確定している場合は効果が失われます。そのため、除外できません。
  相手モンスター墓地へ送るタイミングで、何らかの効果によりこのカードがフィールドを離れていた場合も除外できません。
  《聖導騎士イシュザーク》相打ちでも相手モンスター除外しますが、これは《聖導騎士イシュザーク》効果誘発効果だからです。

広告