《レベル・マイスター/Level Lifter》

通常魔法
手札のモンスター1体を墓地へ送り、
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスターを
2体まで選択して発動できる。
選択したモンスターのレベルはエンドフェイズ時まで、
このカードを発動するために墓地へ送ったモンスターの元々のレベルと同じになる。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 デュエリストパック−遊馬編2 ゴゴゴ&ドドド−で登場した通常魔法
 最大2体の自分モンスターレベルを、コストにしたモンスターの元々のレベルと同じにする効果を持つ。

 コストとしたモンスターに依存するが、2体のモンスターレベルを合わせる事ができる。
 レベルは低いが展開しやすいモンスターレベルを変更し、高ランクエクシーズ召喚を狙う事も可能。
 ランク1のように素材3体のものが多いランクを狙いたい場合も、内2体を展開しやすい別のレベルで代用できるようになる。
 ただし、このカードを使用するためには2枚ものカードを消費する事になる。
 蘇生を狙えるモンスターコストにするなどし、ディスアドバンテージが生じないようにしたい。

 エクシーズ召喚を主軸とするデッキではそのランクレベルに固めた構築をすることが好ましく、統一によるサポートも狙いやすい。
 こちらを使うのは前提としてコストと対象で複数のレベルを採用するデッキとなり、その時点で安定性はやや落ちている。
 レベルの統一が難しくエクシーズ召喚しづらかったカテゴリコンボデッキにおいては、その難点を克服できる手段として使用できるだろう。

 エクシーズ召喚の他に、レベルを参照するカードの補助を狙う手も有り、フォーチュンレディ《ザ・カリキュレーター》レベルを上げれば大幅な攻撃力強化が可能。
 特殊な召喚条件を持つ《アルティマヤ・ツィオルキン》《究極幻神 アルティミトル・ビシバールキン》の補助も良いだろう。

 ただしレベルを変動する事を前提としたコンボでは腐る可能性が高いため、爆発力を上げるものと考え、このカードなしでも機能する構築が好ましい。
 また、コスト要員には《トラゴエディア》の様な汎用性の高いものを使用して、手札事故の危険を下げておきたい。

収録パック等

FAQ

Q:2体対象に選択したモンスターの内1体がフィールド上に表側表示で存在しなくなった場合でも、残りの1体はこのカードの効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(13/10/02)


Tag: 《レベル・マイスター》 魔法 通常魔法

広告