《ヴェノム・ボア/Venom Boa》

効果モンスター
星5/地属性/爬虫類族/攻1600/守1200
1ターンに1度だけ、相手フィールド上モンスター1体に
ヴェノムカウンターを2つ置く事ができる。
この効果を使用したターンこのモンスターは攻撃宣言をする事ができない。

 TACTICAL EVOLUTIONで登場した地属性爬虫類族上級モンスター
 ヴェノムの一体であり、攻撃を放棄する代わりに相手モンスターヴェノムカウンターを乗せる起動効果を持つ。

 他のヴェノム効果モンスターと違い、このカードヴェノムカウンターを1度に2つ乗せられる。
 効果使用時には攻撃に制限が掛かるため、基本ヴェノムサポートカードとの併用は必須。
 ステータスも低く、ヴェノムカウンターに関する効果しか持たないため、【爬虫類族】よりは【ヴェノム】で採用したい。

 《ヴェノム・スワンプ》適用下であれば攻撃力1000以下のモンスターは即座に破壊でき、上級モンスターにも戦闘破壊されにくくなる。
 また、《ヴェノム・スプラッシュ》発動することで、単体でも即座に1400と直接攻撃に近いバーンダメージを与えられる。
 《ヴェノム・ショット》で更にヴェノムカウンターを2つ乗せることができれば、より効果的に活用できるだろう。

 上級モンスターとしては低いが、《ダメージ=レプトル》特殊召喚するには高めの攻撃力であり、ややフィールドに出しにくい。
 方法としては《ヴェノム・コブラ》《トランスターン》を使うか、《ヴェノム・ショット》等で墓地へ送り蘇生するのが簡単だろう。
 変わったところでは《カオスエンドマスター》でもリクルートでき、そのままレベル8のシンクロ召喚に繋げられる。
 《ヴェノム・スワンプ》による弱体化を利用すれば、相手モンスター戦闘破壊も楽になるため、相性もそこそこ良い。

 シンクロ召喚先の筆頭は《PSYフレームロード・Ω》で、自身の除外帰還を繰り返せばヴェノムカウンターが蓄積するのを回避できる。
 《閃こう竜 スターダスト》攻撃力が0になった後も破壊耐性を付与し、《ヴェノム・スプラッシュ》のために維持し続けることも考えられるか。

  • ボアとはボア科およびボア亜科に属する蛇の総称。
    全体的に巨大なものが多く、中でもオオアナコンダは世界最大級のヘビである。
    毒は持たないが鋭い牙を持ち、身体を巻き付けて締め付ける。
    人間でも首に巻き付かれると簡単に絞め殺されてしまうため、非常に危険である。
    このモンスターの尾はコブラのようになっている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ヴェノム・ボア》 効果モンスター モンスター 星5 地属性 爬虫類族 攻1600 守1200 ヴェノム

広告