《ヴェルスパーダ・パラディオン》

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/戦士族/攻 500
【リンクマーカー:左/下】
「パラディオン」モンスターを含む効果モンスター2体
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの元々の攻撃力分アップする。
(2):このカードのリンク先のモンスターは攻撃できない。
(3):1ターンに1度、このカードのリンク先に効果モンスターが特殊召喚された場合、
このカード以外の自分または相手のメインモンスターゾーンのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの位置を、他のメインモンスターゾーンに移動する(そのモンスターから見て相手のフィールドには移動できない)。

 SOUL FUSIONで登場した光属性戦士族リンクモンスター
 リンク先モンスター元々の攻撃力分自身の攻撃力を上げる永続効果、自身のリンク先モンスター攻撃を封じる永続効果、自身のリンク先効果モンスター特殊召喚された場合に自身以外のメインモンスターゾーンモンスターを移動させる誘発効果を持つ。

 リンク召喚に関しては《レグレクス・パラディオン》を参照。

 (1)(2)の効果《アークロード・パラディオン》を参照。
 横向きのリンクマーカーを持つため、パラディオンの中では唯一メインモンスターゾーンに出しても効果適用できる。

 (3)の効果モンスターの移動。
 相手リンク状態を解除したり、自分モンスター相互リンクにしたりとできることは多い。
 特にパラディオンデッキにおいてはリンクマーカーの位置は特殊召喚効果に影響するため役に立つ。
 この効果の主な使い道は 効果発動できた時点でリンク召喚をできる状況であるため、その補助として使うことになるだろう。
 例として、相手フィールドモンスターを動かす場合、《アークロード・パラディオン》《レグレクス・パラディオン》リンク状態になるように配置することができる。
 相手モンスターリリースして壊獣特殊召喚するほうが確実ではあるが、こちらはエクストラデッキにいるため、必要に応じて使うことできる。
 自分フィールドモンスターを動かす場合、基本的には《ヴェルスパーダ・パラディオン》自身のリンク先を開けることでリンクマーカーを活用する事になる。
 この場合、パラディオンモンスターリンク先特殊召喚する事でリンク素材が3体以上必要な《ヴァレルソード・ドラゴン》などをリンク召喚することができる。

 しかし、同じリンク素材攻撃力が高く、アドバンテージを稼げる《レグレクス・パラディオン》が存在する。
 こちらは効果を比べられると見劣りしがちなため、リンクマーカーの位置が相手に向いてない、蘇生からでも活用できるという点を活かしたい。

  • 刀を持った女性のモンスターである。
    髪の色や刀の特徴から、《神樹のパラディオン》が兜などを装着した姿と思われる。
    • カード名の「ヴェルスパーダ」はラテン語で「真の」という意味の形容詞「ヴェルス」とイタリア語で「刀」を意味する「スパーダ」を組み合わせたものと思われる。

関連カード

イラスト関係

―《ヴェルスパーダ・パラディオン》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《ヴェルスパーダ・パラディオン》 リンクモンスター 効果モンスター モンスター リンク2 光属性 戦士族 攻500 パラディオン

広告