《ヴォルカニック・クイーン/Volcanic Queen》

効果モンスター
星6/炎属性/炎族/攻2500/守1200
このカードは通常召喚できない。
相手フィールド上のモンスター1体をリリースし、
手札から相手フィールド上に特殊召喚できる。
1ターンに1度、このカード以外の自分フィールド上のカード1枚を墓地へ送る事で、
相手ライフに1000ポイントダメージを与える。
また、自分のエンドフェイズ時にこのカード以外の自分フィールド上の
モンスター1体をリリースするか、自分は1000ポイントダメージを受ける。
このカードを特殊召喚するターン、自分は通常召喚できない。

 LIGHT OF DESTRUCTIONで登場した炎属性炎族特殊召喚モンスター
 相手モンスターリリースすることで特殊召喚する召喚条件と、相手ライフダメージを与える起動効果エンドフェイズ毎に自身以外をリリース自分ダメージを受ける誘発効果を持つ。

 壊獣《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》と同じく、条件による特殊召喚手順として相手モンスターを強制的にリリースできる。
 ただしリリースできるのが1体だけであり、しかも特殊召喚するとそのターン通常召喚を封印してしまう。
 このため、除去要員としては召喚権を使わない壊獣の方が扱いやすい。

 例外的に、【インフェルノイド】においては《名推理》《モンスターゲート》で大量のモンスター墓地に落としたい都合上、通常召喚できないこちらが優先される。
 また、守備表示で低い守備力を晒した状態での特殊召喚が可能で、下級モンスターでも容易に戦闘破壊可能というメリットもある。
 ただ、下級モンスターを中心に運用するデッキモンスター通常召喚で展開する場合が多く、召喚権を食うこのカードとは噛み合いが悪い。

 特殊召喚すると相手攻撃力の高いモンスターを渡してしまうのは壊獣等と同様。
 しかしこのカードはそのモンスター効果自分ダメージを与えてくる可能性があり、相手へのダメージを回避される可能性もある。
 これはフィールドに残り続ける限り、相手カードを消耗させるメリットにもなり得るが、後半のダメージ回避の効果《黄泉ガエル》等を使用されるとほぼ完全にダメージを与えられなくなる。
 また、《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》と違い、このカード単体では1枚のディスアドバンテージとなってしまう。

 本家【ヴォルカニック・バーン】では、《ヴォルカニック・バックショット》で突破できない破壊耐性持ちを除去することができ、デッキ除去能力の補完に大きく役立つ。
 手札で腐った場合でも《ブレイズ・キャノン・マガジン》によりドローに変換できるのは他の類似モンスターにない差別化ポイントになる。
 ただ《炎帝近衛兵》《ヴォルカニック・ロケット》召喚権の取り合いになることが多く、壊獣と競合しがちである。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:特殊召喚モンスターですか?
A:このモンスター特殊召喚モンスターとなります。(08/02/23)

Q:カード墓地へ送るのはコストですか?
A:はい、コストです。(08/02/25)

Q:《昇天の黒角笛》発動できますか?できる場合は、どちらのプレイヤー特殊召喚発動できますか?
A:《ヴォルカニック・クイーン》を特殊召喚されるプレイヤー《昇天の黒角笛》発動することができます。(08/10/28)

Q:特殊召喚無効にされた場合、通常召喚を行えますか?
A:特殊召喚無効にされた場合でも、同一ターン中に通常召喚をすることはできません。(08/10/28)


Tag: 《ヴォルカニック・クイーン》 モンスター 星6 炎属性 炎族 効果モンスター 特殊召喚モンスター 攻2500 守1200 ヴォルカニック

広告