《ヴォルカニック・クイーン/Volcanic Queen》

効果モンスター
星6/炎属性/炎族/攻2500/守1200
このカードは通常召喚できない。
相手フィールド上のモンスター1体をリリースし、
手札から相手フィールド上に特殊召喚できる。
1ターンに1度、このカード以外の自分フィールド上のカード1枚を墓地へ送る事で、
相手ライフに1000ポイントダメージを与える。
また、自分のエンドフェイズ時にこのカード以外の自分フィールド上の
モンスター1体をリリースするか、自分は1000ポイントダメージを受ける。
このカードを特殊召喚するターン、自分は通常召喚できない。

 LIGHT OF DESTRUCTIONで登場した炎属性炎族特殊召喚モンスター
 相手モンスターリリース相手フィールド特殊召喚できる召喚条件相手ダメージを与える起動効果自分エンドフェイズに自身以外をリリースするか自分ダメージを受ける誘発効果を持つ。

 壊獣《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》と同じく、条件による特殊召喚手順として相手モンスターを強制的にリリースできる。
 ただしリリースできるのが1体だけであり、しかも特殊召喚するとそのターン通常召喚を封印してしまう。
 このため、除去要員としては召喚権を使わない壊獣の方が扱いやすい。

 例外的に、【インフェルノイド】においては《名推理》《モンスターゲート》で大量のモンスター墓地に落としたい都合上、通常召喚できないこちらが優先される。
 また、最低でも攻撃力2200になる壊獣と異なり、守備表示での特殊召喚が可能で守備力1200なので、下級モンスターでも容易に戦闘破壊可能というメリットもある。
 ただ、下級モンスターを中心に運用するデッキモンスター通常召喚で展開する場合が多く、召喚権を食うこのカードとは噛み合いが悪い。

 除去できなかった場合、エンドフェイズリリースダメージデメリットを迫れるが、もう一つのバーン効果を利用されてしまう可能性もある。
 ダメージは1000と結構高めで、ライフコストのあるカードを迂闊に使うと致命傷になりかねない。

 本家【ヴォルカニック・バーン】では、《ヴォルカニック・バックショット》で突破できない破壊耐性持ちを除去でき、デッキ除去能力の補完に大きく役立つ。
 手札で腐った場合でも《ブレイズ・キャノン・マガジン》によりドローに変換できるのは他の類似モンスターにない差別化ポイントになる。
 ただ《炎帝近衛兵》《ヴォルカニック・ロケット》召喚権の取り合いになることが多く、壊獣と競合しがちである。

  • 《選択されなかった者》により《ヴォルカニック・デビル》に父を、そして「選択しなかった母」にはこのカードがそれぞれイメージとして当てはめられた。
    幼少時にオブライエンは家族3人が巻き込まれる不幸な事故に遭い、その際炎上し爆発寸前の車内から意識を失った父母どちらかのみしか助けられない、という究極の選択を迫られていた。
    結果的には父親が直前で意識を取り戻した事で母親共々脱出に成功し、両親共に幼いオブライエンを責める事など一切なかったのだが、オブライエン自身は「あの場面で自分はどちらを助けるべきか(無論これは感情的にどちらかを選べなかった・幼いオブライエンでは双方を救出する事は不可能であった前提があったためにだが)打算を働かせた」という負い目をずっとトラウマとして持ち続けており、これをミスターTに利用される事となった。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:特殊召喚モンスターですか?
A:このモンスター特殊召喚モンスターとなります。(08/02/23)

Q:カード墓地へ送るのはコストですか?
A:はい、コストです。(08/02/25)

Q:《昇天の黒角笛》発動できますか?できる場合は、どちらのプレイヤー特殊召喚発動できますか?
A:《ヴォルカニック・クイーン》を特殊召喚されるプレイヤー《昇天の黒角笛》発動することができます。(08/10/28)

Q:特殊召喚無効にされた場合、通常召喚を行えますか?
A:特殊召喚無効にされた場合でも、同一ターン中に通常召喚をすることはできません。(08/10/28)


Tag: 《ヴォルカニック・クイーン》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星6 炎属性 炎族 攻2500 守1200 ヴォルカニック

広告