悪魔嬢(あくまじょう)マリス》

効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守1000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのモンスター2体をリリースし、
自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、
通常罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたカードはフィールドから離れた場合に持ち主のデッキの一番下に戻る。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 ETERNITY CODEで登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 モンスター2体をリリースして墓地除外から通常罠1枚をセットする誘発即時効果を持つ。

 モンスター2体をリリースすることで、フリーチェーン墓地除外ゾーンの通常罠カードセットできる効果を持つ。
 《悪魔嬢リリス》と異なり、1枚存在すればそれを選択してセットすることができるが、対象墓地除外ゾーンであるため、序盤には発動自体が安定しない。
 墓地あるいは除外ゾーンに通常罠を用意するために、《悪魔嬢リリス》《トラップトリック》で積極的に通常罠サーチ発動したり、《おろかな副葬》などで直接墓地へ送るのもよい。

 コストに関しては《悪魔嬢リリス》と比較して闇属性という指定がないものの、2体のモンスターリリースが必要なため重くなった。
 トークン《リンクリボー》など自己再生の容易なモンスターコストに当てたい。
 《闇黒世界−シャドウ・ディストピア−》と組み合わせ1体を相手フィールドから調達するのもよい。

 セットしたターン発動できる効果は持たないため、発動までのタイムラグに除去される危険があるのは《悪魔嬢リリス》と同じである。

 この効果で、セットした通常罠フィールド離れたデッキの一番下戻る
 発動の度に墓地除外ゾーンから通常罠が減るため、複数回発動するなら他のカード通常罠サーチするあるいは直接墓地へ送るなどしたい。
 デッキに複数枚の通常罠が存在しないと発動できなくなる《悪魔嬢リリス》《トラップトリック》とは相性がよい。
 それらの発動を行いやすくなり、除外ゾーンのカードも選べるため《トラップトリック》除外したカードデッキ戻すことができる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《悪魔嬢マリス》 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 悪魔族 攻1000 守1000

広告