闇帝(あんてい)ディルグ/Delg the Dark Monarch》

効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻2400/守1000
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
相手の墓地に存在するカードを2枚までゲームから除外する事ができる。
さらに、除外した数だけ相手のデッキの上からカードを墓地へ送る。
このカードは召喚・特殊召喚したターンには攻撃する事ができない。

 STARSTRIKE BLASTで登場した闇属性魔法使い族上級モンスター
 召喚特殊召喚されたターン攻撃できない制約と、相手墓地カード除外しその枚数分相手デッキトップ墓地へ送る誘発効果を持つ。

 相手墓地カード除外しつつデッキ破壊が行えるものの、フィールドに何も影響を及ぼす事ができない。
 そのため、直接ボード・アドバンテージを稼ぎうる《光帝クライス》とは扱いやすさや汎用性の面で差をつけられてしまっている。

 効果は、墓地除外による墓地利用の阻害を狙いとするものである。
 しかし、墓地アドバンテージを奪ったのにその後に墓地肥やしによって逆に相手を助けてしまう場合もあるのが難点。
 防止すべき肝心の墓地利用を逆に助長する能力が備わっていることで、墓地メタとしての性能はかなり低いと言わざるを得ない。
 除外効果に拘ったとしても、《霊滅術師 カイクウ》《D.D.クロウ》《魂の解放》等、いくらでも代わりがいるのが現状である。
 リリース特殊召喚の手間に加え、攻撃不可のデメリットを負ってまで、このカードを出すべき場面は想定しづらい。

 デッキを削ることができるが、【デッキ破壊】においても《ニードルワーム》の半分以下の枚数では実用性があるとは言い難い。
 破壊ドローによるデッキ圧縮を兼ねている《光帝クライス》の方がまだ実用性があると言える。
 相手墓地アドバンテージを奪える点と、攻撃表示の壁になれる点を選択肢として考慮すればあるいは、と言ったところだろうか。

 更に召喚ターン攻撃できないという制約は、上級モンスターとしては致命的な欠点である。
 相手ターン《ディメンション・マジック》特殊召喚すれば攻撃不可のデメリットは補えるが、破壊効果を使うとこのカード任意効果タイミングを逃す
 闇属性である事を活かし、《闇次元の解放》相手ターン特殊召喚するのも良い。
 《自律行動ユニット》などを多用するデッキでは、相手墓地モンスターを増やしつつ蘇生させる必要のないモンスター除外するという理想的な戦術を行えるが、不確定要素が強い。

 《マジマジ☆マジシャンギャル》エクシーズ素材としてはなかなか有用。
 相手デッキから墓地に送る効果で落ちたモンスター《マジマジ☆マジシャンギャル》効果蘇生させることも出来、自身の攻撃出来ない制約もエクシーズ素材にすることで帳消しに出来る。
 シンクロ素材としても悪くはなく、レベル1のチューナーとで《アーカナイト・マジシャン》シンクロ召喚が可能。

 《ヴァンパイア帝国》を採用する場合、アンデット族ではないもののこのカードの効果が生かせるようになる。
 《ヴァンパイア帝国》1ターンに1度しか発動しないが、相手ターン《リビングデッドの呼び声》などで特殊召喚することで発動できるカードとしては有力である。
 「時の任意効果」であることからタイミングを逃しがちであることが欠点であるが、ヴァンパイアレベル6を採用した際のエクシーズ召喚要因としても悪くない。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:墓地カード除外するのとデッキカード墓地へ送るタイミングは同時ですか?
A:いいえ、除外した後にデッキカード墓地へ送る処理になり同時に行われる扱いではありません。(10/07/31)

Q:相手デッキカードが0枚の時に、除外する効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(10/10/08)

Q:相手デッキカードが1枚の時に、墓地除外するカードを2枚選択して発動できますか?
A:はい、できます。2枚除外した後、相手デッキの残り1枚を墓地へ送ります。(10/09/19)

Q:召喚特殊召喚したターンには攻撃する事ができない効果《スキルドレイン》等で無効にできますか?
A:はい、無効にすることができ攻撃することができます。(10/07/17)

Q:《次元要塞兵器》が存在する場合、効果発動できますか?
A:その場合、除外だけします。(10/12/02)

広告