異次元(いじげん)境界線(きょうかいせん)/D.D. Borderline》

永続魔法
自分の墓地に魔法カードが存在しない場合、
お互いのプレイヤーはバトルフェイズを行う事ができない。

 混沌を制す者で登場した永続魔法
 特定条件下でバトルフェイズを封じる効果を持つ。

 ノーコストバトルフェイズそのものを封じるカードは貴重だが、条件が厳しい。
 魔法カードが1枚でも自分墓地にあると効果適用されないため、罠カードを中心としたデッキに採用することになる。
 ロック型のデッキならば罠カード中心になりやすく、このカードを入れてもそこまで無理は生じない。
 ただ、このカード自体も魔法カードであり、墓地に送られると2枚目が腐る可能性が高い。
 使うのであれば、《貪欲な瓶》墓地魔法カードデッキに戻したり、《妖精伝姫−シラユキ》除外できるようにしておきたい。

 しかしそうまでしても、このカードは特に耐性持っていないので容易に除去されてしまい、効果適用に手間がかかる割に得られるものが攻撃抑制だけでは割に合わないことも多い。
 攻撃を抑制するカードは他にも多いので、それらよりも優先できるかはよく考えたい。

  • 自分」と明言されているため、相手墓地魔法の有無は関係ない。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXの「十代vsツバインシュタイン」戦においてツバインシュタインが使用した魔法カード《決闘定数》のイラストに確認できる。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:相手バトルフェイズ中に《聖なる魔術師》などの効果自分墓地から魔法カードが存在しなくなった場合、相手バトルフェイズを続行できますか?
A:その場合でも続行できます。(10/07/08)

Q:《異次元の境界線》適用下で、《ホルスの黒炎竜 LV6》等の魔法の効果を受けないモンスター攻撃が可能ですか?
  (《異次元の境界線》が効果を与えるのはプレイヤーですか?モンスターですか?)
A:モンスターではなくプレイヤーが受ける効果のため、《ホルスの黒炎竜 LV6》攻撃宣言をすることはできません。(08/01/12)


Tag: 《異次元の境界線》 魔法 永続魔法

広告