異次元竜(いじげんりゅう) トワイライトゾーンドラゴン/Different Dimension Dragon》

効果モンスター
星5/光属性/ドラゴン族/攻1200/守1500
このカードは対象を指定しない魔法・罠カードの効果では破壊されない。
また、攻撃力1900以下のモンスターとの戦闘では破壊されない。

 ガーディアンの力で登場した光属性ドラゴン族上級モンスター
 対象を指定しない魔法・罠カード効果によって、また攻撃力1900以下のモンスターとの戦闘によって破壊されないという永続効果を持つ。

 《聖なるバリア −ミラーフォース−》等といった全体除去破壊されない。
 こちらから《激流葬》《ブラック・ホール》等の全体除去を使って、相手モンスターだけを除去して攻撃するという戦術も可能。
 その他、単体除去であっても《地砕き》《地割れ》には破壊されない

 しかし、対象をとる効果モンスター効果にはまったく耐性がない点は問題。
 また、攻撃力1900を超えるモンスターには戦闘破壊されてしまう。
 《オネスト》に対応しているとはいえ、現環境ではとしての信頼性は薄い。

 アタッカーとして働ける攻撃力もないため、アドバンス召喚するにはロスが痛い。
 《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》での特殊召喚も、このカードより有用なモンスターが多く存在する。
 低攻撃力を生かし、《シャインエンジェル》《仮面竜》《カオスエンドマスター》等からの特殊召喚を狙いたい。

 《明鏡止水の心》を使うと《裁きの龍》等の対象を指定しないモンスター効果でしか破壊できなくなる。
 しかし、あくまでも破壊に関する耐性しか持たず、バウンス除外等には相変わらず弱い。
 どちらにせよ、《マテリアルドラゴン》を使ってサポートしたほうがドラゴン族でも安定するだろう。

  • かつては遊戯王OCG中随一のカード名の長さで有名だったが、3年弱で陥落
    現在では特に珍しい長さではなくなっている。
  • 「トワイライト(Twilight)」は「日没後、もしくは日の出前の薄暗い時間帯」や「黄昏」の意。
    「トワイライトゾーン(Twilight Zone)」とは、明るくも暗くもないという上記意味から「境界領域」をさす。
    しかし、「異次元」という言葉が絡んでいるとなればアメリカのSFテレビドラマ「トワイライトゾーン」のイメージからきていると思われる。
  • 海外遊戯王においては、「Twilight」という単語は【カオス】の通称としても使われている。
    光属性闇属性が混合する構築を、陽光と宵闇が交わる黄昏になぞらえた美しい表現である。
  • 英語名は「Different(異なる)」「Dimension(次元)」「Dragon(竜)」と異次元竜を表す単語の頭文字がすべてDで始まるためなかなか語呂がよい。
    しかし日本語に訳すと「異次元竜」となり、「トワイライトゾーン」の名称が丸々抜け落ちてしまっている。
    また当然ではあるが、DDDとは無関係である。
  • マスターガイドによると、《異次元の戦士》のペットであるらしく、飼い主に良くなついているようだ。
    しかしこのカード自身は除外に関する効果を持たず、耐性もない。
    アニメではその設定が生かされている。
  • バクラの挑戦を受けた海馬が出したアタッシュケースに入っていたカードの中に確認できる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《異次元竜 トワイライトゾーンドラゴン》 効果モンスター モンスター 星5 光属性 ドラゴン族 攻1200 守1500

広告