影依の偽典(シャドールーク)

永続罠
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに発動できる。
自分のフィールド・墓地から、「シャドール」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
その後、この効果で特殊召喚したモンスターと同じ属性を持つ相手フィールドのモンスター1体を選んで墓地へ送る事ができる。
この効果で特殊召喚したモンスターは直接攻撃できない。

 RISE OF THE DUELISTで登場する永続罠
 メインフェイズフィールド墓地モンスター除外してシャドール融合モンスター融合召喚する効果、この効果特殊召喚したモンスターと同じ属性相手モンスター墓地へ送る効果を持つ。

 シャドール墓地融合が可能となる。
 フィールドモンスター融合素材にできるが、除外なのでシャドール墓地へ送られた場合の効果は使えない。
 基本的には墓地モンスターのみを融合素材にしたい。
 《影依融合》などで融合召喚していれば融合素材一組は墓地に揃う。
 《影牢の呪縛》なら相手モンスター除外可能。
 除外された融合素材《影依の巫女 エリアル》帰還を狙うことができる。
 罠カードだが、セットした次の相手ターンですぐに融合召喚できる。
 《エルシャドール・アプカローネ》であれば、墓地へ送られた場合の効果サーチも狙える。

 フリーチェーン融合召喚できるシャドールカードとしてのメリット《神の写し身との接触》と同様。
 ただ、バトルフェイズには発動できないため、融合召喚したモンスターで追撃するといった動きは狙えない。
 墓地融合したシャドール効果相手の動きを制限し、制圧していくのがこちらの役割となる。

 融合召喚したシャドールと同じ属性相手モンスター墓地へ送る効果もある。
 フリーチェーンなので、相手ターンに展開の起点となるモンスター除去しやすく、シャドール融合モンスター効果と併せて行動を制限できる。
 相手モンスターと同じ属性モンスターが必要になるが、闇属性光属性であれば利用するデッキも多いだろう。
 属性統一デッキの場合、《影牢の呪縛》相手モンスターを利用することで同じ属性を用意できる。
 《影依の原核》なら任意の属性として扱えるため、任意の属性モンスター墓地へ送ることも狙える。

 融合召喚したモンスターには直接攻撃できないデメリットが付与されるものの、リンク素材などに使ってしまえば問題ない。
 シャドール融合モンスター墓地へ送られた場合の効果融合召喚を行うカード手札に用意できるため、デメリットのない別モンスターに切り替えることも難しくない。

  • 「偽典」は「旧約偽典」とも呼ばれ、紀元前3世紀〜紀元後1世紀頃にかけて成立したとされる旧約聖書の正典や外典に含まれないユダヤ教・キリスト教の文書を意味する。
    「偽りの著名」とされそこから「内容も不確かな書物」へと語義が派生し、偽典には「異端」という否定的な意味合いが強く含まれている。
    • 「ルーク」は聖書にある「ルカの福音書」の著者・「ルカ/luk」の英語綴り読みである。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《影依の偽典》 永続罠 シャドール

広告