炎神(ほむらがみ)不知火(しらぬい)/Shiranui Sunsaga》

シンクロ・効果モンスター
星10/炎属性/アンデット族/攻3500/守   0
アンデット族チューナー+チューナー以外のアンデット族モンスター1体以上
自分は「炎神−不知火」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、
アンデット族Sモンスターを任意の数だけ選んでエクストラデッキに戻す。
その後、戻した数だけ相手フィールドのカードを選んで破壊できる。
(2):自分フィールドのアンデット族モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに自分の墓地の「不知火」モンスター1体を除外できる。

 レイジング・テンペストで登場した炎属性アンデット族シンクロモンスター
 特殊召喚に成功した場合に墓地及び除外されているアンデット族シンクロモンスターエクストラデッキに戻し、その枚数分相手カード破壊できる誘発効果墓地不知火除外し、アンデット族破壊から守る永続効果を持つ。

 シンクロ素材全てにアンデット族縛りがあるので、シンクロ召喚は難しい部類に入る。
 豊富な特殊召喚手段を駆使して素材を揃えるか、《妖刀−不知火》墓地《戦神−不知火》などを除外して特殊召喚することになる。
 正規の手段でシンクロ召喚する場合、アンデット族レベルを変更できる《冥界の麗人イゾルデ》が扱いやすい。

 (1)の効果アンデット族シンクロモンスターエクストラデッキ戻しつつの破壊効果
 《妖刀−不知火》で使用したシンクロモンスターを回収して再度使用できるようになる。
 破壊対象をとらないのでフリーチェーン対象耐性を持つカードに強い。

 (2)は墓地不知火除外コストにした破壊耐性
 単純な効果破壊を防ぐことは《アンデット・スカル・デーモン》でもできるが、こちらは戦闘破壊にも対応している事と、各種不知火効果トリガーになれる点で勝る。
 両者とも種族サポートを共有でき、フィールドに並べるのは難しくないため、併用して全てのアンデット族破壊耐性を付与するのも不可能ではないだろう。
 しかし墓地リソースを消耗する関係で使いすぎるとジリ貧になってしまう可能性も持つ。
 破壊以外の除去手段も増えているので過信はできない。

 瞬間火力では《戦神−不知火》が勝る上あちらの方が出しやすいので、こちらはフィールドに維持しやすい事や除去効果などで差別化していきたい。

関連カード

―《炎神−不知火》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《炎神−不知火》 モンスター シンクロモンスター 効果モンスター 星10 炎属性 アンデット族 攻3500 守0 不知火

広告