炎天禍(えんてんか)サンバーン》

効果モンスター
星8/炎属性/天使族/攻2600/守 200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの表側表示の炎属性モンスターが
戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、その破壊された自分の墓地の炎属性モンスター1体を選び、
その攻撃力の半分のダメージを相手に与える事ができる。

 SAVAGE STRIKEで登場した炎属性天使族最上級モンスター
 自分フィールド炎属性戦闘または相手効果破壊された場合に自身を特殊召喚し、その破壊されたモンスター攻撃力の半分のバーンを与える誘発効果を持つ。

 炎属性モンスター破壊トリガーに、バーンダメージを与えながら特殊召喚する事ができる。
 炎王のような自壊や、能動的な自分モンスター破壊には対応していないが、戦闘に関しては自爆特攻からでも発動できる。
 下級モンスターの高打点への変換、コンバットトリックによる返り討ちの際のケアの他、引導火力とする使い道もあるだろう。

 とはいえ、特殊召喚後は効果を持たず、攻撃力最上級モンスターとしては控えめなので、積極的に展開を狙うよりは手札に握っておき、場が崩された場合の保険とする使い方が望ましい。
 炎属性モンスターを主軸とするデッキならばどのようなデッキにも入り得る汎用性はあるため、このカードの存在だけで炎属性モンスターへの安易な除去を牽制する事ができる。
 守備力200であるため、《真炎の爆発》を始めとした多くの炎属性サポートに対応している点もありがたい。
 バーン効果ダメージ量にムラこそあるが、【ヴォルカニック・バーン】などのバーンを主戦術とする炎属性デッキは多く、無駄になりにくい。
 総じて【炎属性】の安定性を高めてくれる優秀なモンスターといえるだろう。

  • 「サンバーン(sunburn)」は、英語で「日焼けによる炎症」の意味。
    「炎天禍」は「炎天下」の捩りだろう。
    • ちなみに「炎天」とは太陽の日差しが強く焼けつけるような空のことであり、「炎天下」とは文字通りそんな炎天の下という意味である。
      これらを踏まえると「サンバーン」はサン(太陽)とバーンの合成語であるともとれる。
  • イラストでは、四本腕の赤い人物が炎を纏った剣を携えている。
    その姿はインド神話に登場する神、あるいはそれらをルーツとする明王などの神仏によく似ている。

関連カード

―類似効果

収録パック等


Tag: 《炎天禍サンバーン》 効果モンスター モンスター 星8 炎属性 天使族 攻2600 守200

広告