化石(かせき)発掘(はっくつ)/Fossil Excavation》

永続罠
(1):手札を1枚捨て、自分の墓地の恐竜族モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
その恐竜族モンスターを特殊召喚する。
(2):このカードの(1)の効果で特殊召喚されたモンスターは、
このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り効果が無効化され、
このカードがフィールドから離れた時に破壊される。
そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される。

 POWER OF THE DUELISTで登場した永続罠
 恐竜族専用の蘇生カード

 種族が限定された上、手札コストを要し、効果無効化のデメリットが課せられる《リビングデッドの呼び声》というべきカード
 《リビングデッドの呼び声》無制限《死者蘇生》制限の現在となっては力不足は明らかである。

 《リビングデッドの呼び声》にない用法としては、「手札コストとして捨てた恐竜族モンスター蘇生できる」という点がある。
 恐竜族手札からの特殊召喚手段が乏しく、手札最上級モンスターが来ると腐りやすいのは事実である。
 ただ、モンスター効果が重視される今日、攻撃力3000クラスと言えども効果無効状態で特殊召喚してどの程度役立つかは疑問が残る。
 《魂喰いオヴィラプター》《トレード・イン》墓地に送り、《リビングデッドの呼び声》等で蘇生した方が賢明であろう。
 《ベビケラサウルス》《プチラノドン》などが持つ墓地発動する効果無効化されないものの、あえてこのカードを使う必要性は薄い。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXの3期EDで、剣山のデッキに確認できる。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカード手札コスト捨てた恐竜族モンスターを、このカード対象にとり蘇生させることは出来ますか?
A:可能です。

Q:恐竜族墓地に存在しない状態で恐竜族コストとして発動し、コストにした恐竜族蘇生する事は出来ますか?
A:自分墓地恐竜族モンスター存在しない場合、《化石発掘》を発動することはできません。(08/09/28)

Q:このカードの効果蘇生された《ハイパーハンマーヘッド》が、《風帝ライザー》戦闘破壊されました。
  《ハイパーハンマーヘッド》手札戻す効果発動しますか?
A:はい、《ハイパーハンマーヘッド》相手モンスター手札戻す効果発動し、《風帝ライザー》手札に戻ります。(09/01/22)

Q:このカードの効果特殊召喚された《超伝導恐獣》《ジュラック・アウロ》効果で、自身をリリースした場合、効果無効になりますか?
A:いいえ、その場合このカード対象をとり続ける関係がなくなりますので効果無効になりません。(09/10/09)


Tag: 《化石発掘》 永続罠

広告