可変機獣(かへんきじゅう) ガンナードラゴン/Fusilier Dragon, the Dual-Mode Beast》

効果モンスター
星7/闇属性/機械族/攻2800/守2000
(1):このカードはリリースなしで通常召喚できる。
(2):このカードの(1)の方法で通常召喚した
このカードの元々の攻撃力・守備力は半分になる。

 RISE OF DESTINYで登場した闇属性機械族最上級モンスター
 リリースなしで通常召喚可能な召喚ルール効果と、それに付随した元々の攻撃力守備力が半分になるルール効果を持つ。

 「妥協召喚モンスター」の一体にして、元祖である。
 元々の攻撃力守備力は半分になるものの、最上級モンスターリリースなしで出せるのが特徴。

 とは言え、単独ではステータスの低いモンスターになってしまうので、レベル7を活かしシンクロ素材エクシーズ素材に使うことが狙いとなる。
 レベル1のチューナー《ワン・フォー・ワン》リクルート可能であり、自身が闇属性なのでシンクロ召喚先は比較的多い。
 《トランスターン》《デモニック・モーター・Ω》レベル8のギミック・パペットリクルートすることも可能。

 妥協召喚後、攻撃力を2800に戻しその攻撃力を活かすこともできる。
 一度フィールドから除外したり、効果裏側表示にする事ができればステータスが元に戻る。
 そのため《月の書》《亜空間物質転送装置》《フォーチュン・スリップ》を使う手もある。
 ステータス半減効果フィールド上で適用されるため、《スキルドレイン》を軸とする【スキルドレイン】では主力として活躍する。
 《スキルドレイン》によって戻った攻撃力《スキルドレイン》破壊後もそのまま維持される。
 また、同じくモンスター効果無効化する《禁じられた聖杯》《愚鈍の斧》サポートカードとして有用である。

 ほぼ同じ条件で妥協召喚できる《神獣王バルバロス》と比べると、攻撃力が若干低いためアタッカーとしては一歩引けを取っているが、属性種族はこちらの方が恵まれているためより多くのサポートカードに対応しており、応用が利きやすくなっている。
 闇属性であるため、セットして場に出せば3種類のウイルスカードの媒体として扱える。(下記参照)
 さらに《機甲部隊の最前線》を張っておけば、このカード戦闘破壊されるだけで攻撃力2800未満の闇属性機械族モンスター特殊召喚できる。
 特殊召喚先としては、《人造人間−サイコ・ショッカー》《リボルバー・ドラゴン》などが候補となる。

 このカード《神獣王バルバロス》は、《獣神機王バルバロスUr》の存在により互いにシナジーする関係にもなっている。
 《獣神機王バルバロスUr》《スキルドレイン》シナジーがある。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:リリースなしで裏側守備表示通常召喚する事はできますか?
A:はい、できます。その場合、裏側守備表示の状態では攻守は変化がなく、表側表示になった時点で攻守は半分になります。

Q:セット状態のこのカード《神秘の中華なべ》コストにした場合、回復量はいくらですか?
A:裏側守備表示では攻守の変化がないので、攻撃力を選択すれば2800ポイント、守備力を選択すれば2000になります。(10/08/23)

Q:リリースなしで召喚したこのカードの効果《スキルドレイン》によって無効化されたあと《スキルドレイン》破壊された場合、元々の攻撃力・守備力はどうなりますか?
A:カードに記載された数値に戻ります。(12/10/06)


Tag: 《可変機獣 ガンナードラゴン》 効果モンスター モンスター 星7 闇属性 機械族 攻2800 守2000

広告