怪鳥(かいちょう)グライフ》

効果モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻1500/守1500
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから「シュトロームベルクの金の城」1枚を手札に加える。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
相手の魔法&罠ゾーンのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 COLLECTORS PACK 2018で登場した風属性鳥獣族下級モンスター
 自身を手札から捨てて《シュトロームベルクの金の城》サーチする起動効果召喚・特殊召喚に成功した時に魔法・罠カード破壊する誘発効果を持つ。

 (1)は手札から捨てて発動する《シュトロームベルクの金の城》サーチ効果
 あちらに関連する効果を持ったカードは複数存在し、これを軸にデッキを組み立てる場合は重要なサーチカードとして機能する。
 《テラ・フォーミング》《盆回し》が規制を受けている現状では、それらのデッキでこのカードを使わない手はないだろう。

 (2)は魔法・罠除去効果であり、召喚特殊召喚するだけでアドバンテージが稼げるため非常に使い勝手がよい。
 《シュトロームベルクの金の城》からリクルートでき、攻撃前に出して露払いとしてもいい。
 ただ《ヘクサ・トルーデ》除去効果を有しており、(1)の効果サーチした《シュトロームベルクの金の城》によりリクルートできる。
 あちらはカードの種類を問わず、かつ高攻撃力2回攻撃が可能になるため相手に与えるプレッシャーはあちらの方が強い。
 一方で《シュトロームベルクの金の城》への依存度が高く、こちらは他のカードを必要としない点で勝る。

 単体でも汎用性が高く、特殊召喚手段も豊富なので使い勝手は良い。
 《ドラゴンフライ》《スワローズ・ネスト》などでリクルートして効果を使える。
 《トリオンの蟲惑魔》と同じく、《強化蘇生》《リビングデッドの呼び声》による疑似エンドサイクのような使い方も可能。
 特殊召喚しやすい鳥獣族モンスターなので、《ゴッドバードアタック》コストとしても適している。

 総じて《シュトロームベルクの金の城》を採用するデッキではサーチャー除去要員の2役を担う重要なカードと言える。
 【風属性】【鳥獣族】でもデッキスペースがあれば(2)の効果だけを目当てに採用してもいいだろう。

  • モチーフはグリム童話『怪鳥グライフ』だろう。
    グライフは物語の後半に登場する、どんなことでも知っている鳥である。
    主人公のハンスは王様に「グライフの羽根を取ってくれば、娘との結婚を認めよう」と伝えハンスはそれを探しに行く。
    その後、ハンスはグライフからの知識を間接的に聞いて様々な品を手に入れ、王様の娘と結婚することができた。
  • なお、グライフはドイツ語でグリフォンのことを指す。

関連カード

収録パック等


Tag: 《怪鳥グライフ》 モンスター 効果モンスター 星4 風属性 鳥獣族 攻1500 守1500

広告