海竜神(かいりゅうしん)加護(かご)/Aegis of the Ocean Dragon Lord》

通常罠
このターンのエンドフェイズ時まで、
自分フィールド上の全てのレベル3以下の水属性モンスターは、
戦闘及びカードの効果では破壊されない。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 ANCIENT PROPHECYで登場した通常罠
 自分レベル3以下の水属性モンスターをあらゆる破壊から守る効果を持つ。

 《伝説の都 アトランティス》の存在もあって【水属性】では元々のレベルが4のモンスターでも守れる場合がある。
 レベル3以下に限られるがあらゆる破壊を防げるので、【水属性】においては《和睦の使者》より優先してもよい。
 裏側守備表示モンスター攻撃された場合も、ダメージステップ表側表示になるため、戦闘によって破壊されない。
 現在の環境において効果破壊からカードを守れるのは予想以上に影響力を持つ。
 しかし、バウンス除外には耐性がないので、《強制脱出装置》などはやはり警戒すべきである。
 また、《ダーク・アームド・ドラゴン》《裁きの龍》には、裏側守備表示のまま破壊されたり、先に《伝説の都 アトランティス》破壊されたりするので過信は禁物。
 自前でモンスター効果への耐性を備える上に自己再生トリガーにもなる【バージェストマ】とは相性が良く、発動ターンはかなりの確率で生き残れる。

 自分カードによる破壊も防げるため、《海竜−ダイダロス》とも相性が良い。
 ただし、《伝説の都 アトランティス》墓地へ送る場合は元々のレベルが4のモンスターは守れないので注意。
 相手《ブラック・ローズ・ドラゴン》《激流葬》に使えば自滅させられるし、自分からこれらのカード発動して疑似《サンダー・ボルト》(+《大嵐》)の様に扱うこともできる。
 【水属性】【湿地草原】においては攻守両面で使える便利なカードである。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《海竜神の加護》の発動相手チェーンして、除去カードレベル3以下の水属性モンスター破壊され、自分フィールドレベル3以下の水属性モンスターが存在しなくなりました。
  この場合でも、効果適用されますか?
A:発動チェーンされ、レベル3以下のモンスター自分フィールドに存在しなくなった場合でも、既に《海竜神の加護》は発動しているので効果適用されます。(09/04/18)

Q:自分フィールドレベル3以下の水属性モンスターが存在しない場合でも発動できますか?
A:発動できます。(09/06/10)

Q:発動後にフィールド召喚されたモンスターにも効果適用されますか?
A:はい、後からフィールド召喚したモンスターにも適用されます。(09/04/18)

Q:裏側表示レベル水属性モンスターは、《硫酸のたまった落とし穴》表側表示にされた時に破壊されますか?
  《伝説の都 アトランティス》適用中のレベル水属性モンスターの場合はどうなりますか?
  破壊されない場合裏側守備表示に戻りますか?
A:どちらの場合でも水属性モンスター破壊されません。(14/01/29)

Q:このカードの効果適用中に、裏側守備表示レベル3以下の水属性モンスター攻撃されました。
  ダメージステップにルールによって表側表示になりますが、戦闘破壊されますか?
A:戦闘破壊されません。(09/09/28)

Q:上記の状況で、《ドリルロイド》攻撃されたレベル3以下の水属性モンスター効果破壊されますか?
A:効果破壊されません。(09/09/28)


Tag: 《海竜神の加護》 通常罠

広告