岩投(いわな)げエリア/Catapult Zone》

フィールド魔法
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
自分のモンスターが戦闘で破壊される場合、
代わりに自分のデッキから岩石族モンスター1体を墓地へ送る事ができる。
この効果は1ターンに1度しか適用できない。

 RETURN OF THE DUELISTで登場したフィールド魔法
 1ターンに1度自分モンスター戦闘破壊される代わりに岩石族デッキから墓地へ送る効果を持つ。

 高い墓地リソース利用能力を持ちながら墓地を肥やす能力に乏しかった【岩石族】において、強力なサポートカードとなる。
 《岩投げアタック》と同じく、《ゴゴゴジャイアント》《ブロック・ゴーレム》蘇生補助や《メガロック・ドラゴン》などの除外モンスター確保に使用できる。
 こちらは効果墓地へ送るため《ジェムナイト・ラズリー》も適用でき、フィールド魔法なので維持できればあちら以上に墓地を肥やしやすい。
 相手攻撃だけでなく自爆特攻でも効果を使えるので、ライフさえ気にしなければ能動的に墓地へ送る事も難しくない。

 ただし、一般的な墓地肥やしカードと比較すると発動条件が限定されている。
 発動タイミングの都合上、確実にバトルフェイズを挟むので墓地に落としたカードを利用して展開を行うのは自爆特攻であっても多少手間がかかる。
 また、このカードがある状況で相手が無闇に攻撃するとは言い難く、役目を果たせぬ事も少なくない。
 フィールド魔法の性質上2枚以上の併用もできない。
 《テラ・フォーミング》によるサーチこそ容易だが、除去されない限り2枚目以降が手札に来てしまうと完全に腐る
 純粋な墓地肥やしとしては速効性・安定性ともに高いとは言えないだろう。

 使用するならば、毎ターン戦闘破壊から守れるメリットに着目したい。
 低ステータス故に戦闘破壊されやすい《干ばつの結界像》《フォッシル・ダイナ パキケファロ》、自身のバウンス通常召喚分の展開を処理できる《番兵ゴーレム》などを延命させれば大きく時間を稼げる。
 また、各種無効効果を持つ岩石族コアキメイルに使えば、高めの攻撃力も相まって相手としては厄介な事この上ないだろう。
 これらはモンスターの複数展開を抑止しやすいため、シナジーも高い。
 その他にも《伝説の柔術家》《ゴロゴル》《ダミー・ゴーレム》などとの相性も良い。
 《カオスポッド》ならば2体目以降の攻撃参加を実質的に封じるため、影響下ではディスアドバンテージなしに、その除去性能を発揮できる。

 能動的に攻め込むための補助とするよりは、相手を牽制しつつ、フィニッシャーで反撃に備えるという流れに適したカードだと言える。
 ただし上述の通り、魔法・罠除去への危険性があるので依存は危険である。
 カード・アドバンテージの回収が行いやすい《リバイバルゴーレム》と併用する、あるいは《テラ・フォーミング》や2枚目以降が不要になる事から《封魔の呪印》《アヌビスの裁き》カウンターするという手もある。

 なお、勘違いしがちだが戦闘破壊から守るモンスター種族岩石族でなくてもよい
 そのため《E−HERO ダーク・ガイア》融合素材となる悪魔族や、岩石族以外のエクシーズモンスターも気兼ねなく利用できる。
 《スノーマンイーター》などを守りつつ《先史遺産コロッサル・ヘッド》墓地に送りリバース効果モンスターの再利用に繋げるといったプレイングも可能。
 《アマゾネスの賢者》《ブルブレーダー》自爆特攻できればアドバンテージを生み出しやすく、後者は戦闘ダメージも帳消しにできる。

 このように、岩石族がある程度確保できるデッキならば【岩石族】に限らず利用可能。
 【ナチュル】では《ナチュル・バンブーシュート》《ナチュル・アントジョー》の維持が有効で、岩石族ナチュルを切らしても《ナチュル・マロン》で補充できる。
 ナチュル効果でこのカード自体も守りやすい。

 【剣闘獣】では戦闘破壊を免れることが大きな意味を持ち、同時に《剣闘獣ホプロムス》墓地へ送る手段になる。
 《剣闘獣ダリウス》によるエクシーズ召喚が狙いやすくなるほか、蘇生サルベージ《剣闘獣の底力》によってデッキ《剣闘獣ホプロムス》を戻せるため、戦闘破壊耐性の維持が容易である。
 《禁じられた聖槍》除去から守った場合や、自分《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》魔法カードを指定している場合でも問題なく利用できる。
 また同デッキでは《カオスポッド》とのシナジーも見込める。
 このカード自身の弱点である、対守備表示直接攻撃時でも剣闘獣効果発動してアドバンテージを稼げるため、補完性に長けた組合せと言える。
 しかしこのカード剣闘獣自身に対する除去には完全に無防備であり、デッキとしての課題は多い。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:相手もこのカードの効果を使えますか?
A:いいえ、使えません。(12/04/14)

Q:このカードの効果適用する際にチェーンブロックが作られますか?
A:いいえ、作られません。(12/04/18)

Q:このカードの効果適用するタイミングはいつになりますか?
A:ダメージ計算時にモンスター戦闘破壊が決まった際に適用します。(12/05/30)

Q:このカードの効果によって《ジェムナイト・ラズリー》墓地へ送った場合、《ジェムナイト・ラズリー》効果ダメージステップのどのタイミングに発動しますか?
A:ダメージ計算によって破壊が決定する際にこのカードの効果適用するかどうか決め、ダメージ計算後《ジェムナイト・ラズリー》墓地へ送ります
  《ジェムナイト・ラズリー》効果ダメージ計算後発動する事になります。(14/11/01)

Q:《マクロコスモス》が存在する時でもこのカードの効果適用できますか?
A:はい、その場合岩石族モンスター墓地へ送られず除外されますが、モンスター戦闘破壊されずフィールド上に残ります。(12/04/20)

Q:裏側守備表示《ペンギン・ソルジャー》戦闘破壊される場合、このカードの効果適用し、リバース効果手札戻す対象として戦闘破壊される《ペンギン・ソルジャー》を選択できますか?
A:このカードの効果適用された《ペンギン・ソルジャー》戦闘破壊された扱いになりません。
  したがって、《ペンギン・ソルジャー》自身を手札戻す対象として選択できます。(12/05/30)

Q:《禁じられた聖槍》適用されたモンスターに《岩投げエリア》の効果適用する事はできますか?
A:このカードの効果モンスターが受ける効果ではありません。
  《禁じられた聖槍》効果適用されている場合でも、このカード効果適用する事ができます。(12/05/30)

Q:相手《イビリチュア・メロウガイスト》自分《ワイト》攻撃し、ライフポイントダメージを与えたタイミングに効果発動しました。
  この時、ダメージ計算時にこのカードの効果適用した場合、《ワイト》フィールドに残りますか?デッキに戻りますか?
A:その場合、このカード効果が適用されたことによって《ワイト》戦闘破壊されなくなるため、《イビリチュア・メロウガイスト》効果発動することができず、《ワイト》フィールドに残ります。(12/06/16)

Q:相手《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》自分《ワイト》攻撃し、このカードの効果適用した場合、《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》続けて攻撃することができますか?
A:いいえ、攻撃できません。(13/11/18)

Q:このカードの効果リバース効果発動した《カオスポッド》戦闘破壊を回避した場合、どのように処理を行いますか?
A:《岩投げエリア》の効果を処理するタイミングは、ダメージ計算によってモンスター戦闘による破壊が決まった時となります。
また、《岩投げエリア》の効果適用された《カオスポッド》は、 戦闘によって破壊された扱いではありません。
したがって、《カオスポッド》効果処理時に、効果発動した《カオスポッド》自身もデッキへ戻り、それぞれのデッキに加えた数と同じ数のモンスターが出るまでデッキをめくり、その中からレベル4以下のモンスターを全て裏側守備表示特殊召喚します。(12/05/23)


Tag: 《岩投げエリア》 魔法 フィールド魔法

広告