輝光子(きこうし)パラディオス/Starliege Paladynamo》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/戦士族/攻2000/守1000
光属性レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を2つ取り除き、
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターの攻撃力を0にし、その効果を無効にする。
また、フィールド上のこのカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、
デッキからカードを1枚ドローする。

 デュエリストパック−カイト編−で登場した光属性戦士族エクシーズモンスター
 エクシーズ素材2つをコスト相手モンスター1体の攻撃力を0にして効果無効にする起動効果相手によって破壊された時に1枚ドローする効果を持つ。

 エクシーズ素材の指定は属性のみと緩く、光属性の多いデッキならは幅広く採用できる。
 ビートダウン型の【光属性】全般では、《フォトン・スラッシャー》特殊召喚し、他のレベル光属性通常召喚するという手順で容易にエクシーズ召喚できるだろう。
 《OToサンダー》《OKaサンダー》《電池メン−単四型》等を有する【雷族】でもエクシーズ召喚しやすい。
 《レスキューラビット》から《アレキサンドライドラゴン》を2体特殊召喚することで素材を揃えることもできる。

 攻撃力ランク4のエクシーズモンスターの中では低めだが、相手攻撃力を0にできるので、どんなに攻撃力が高くても一方的に戦闘破壊できる。
 更に効果無効にするため、破壊耐性を持ったモンスターを処理したり、《ヴェルズ・オピオン》のような厄介な永続効果を持つモンスターを無力化する事も可能。
 「エンドフェイズまで」という制限がないため、仮に攻撃が通らなくてもモンスター効果の発動さえできれば対象を永続的に無力化できるのも評価点。
 無力化したモンスターはほとんど役に立たなくなるため、放置して他のモンスター攻撃してもよいだろう。

 後半のドロー効果は、返しのターン除去されやすいこのカードディスアドバンテージを補ってくれるため、自身の特性と噛み合った優秀な効果であるといえる。
 ただし、「相手によって破壊され墓地へ送られた時」が発動条件なので、《鳥銃士カステル》《強制脱出装置》等の破壊以外の除去では発動せず、自分全体除去に巻き込む使い方もできない。

 効果自体は優秀なのだが、ランク4の縛りなしには《No.101 S・H・Ark Knight》や、《鳥銃士カステル》といった除去手段が豊富に存在している。
 戦闘ダメージを与えるにしても、《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》が存在しており、大抵の場合はこれらのモンスターで対処できる場合が殆どである。
 《No.102 光天使グローリアス・ヘイロー》のように素材の多さやカテゴリでの差別化もできず、微妙な立ち位置にある。

 素材自体は緩いため、複数の役割の兼任でエクストラデッキを節約する、属性種族を活用するなどで差別化していきたい。
 とはいえ光属性のみを投入したデッキならば十分上記のモンスター以上の働きも期待できるため、優先的に投入してしまっても良い。
 【武神】のような枠が余り易いデッキに、上に挙げたカードと合わせて投入する事もできる。
 逆に少し光属性を混ぜたくらいのデッキでは、無理に採用する必要はなくなっている。

  • 英語名の前半にある「Liege」は「君主、家臣」といった意味である。
    後半の「Paladynamo」は、「Paladin/パラディン」と発電機を意味する「Dynamo」を掛けているのだろう。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:1つ目の効果の分類はなんですか?
A:起動効果です。(12/09/19)

Q:1つ目の効果で、効果モンスター以外のモンスター対象にできますか?
A:はい、対象にできます。(12/09/23)

Q:《禁じられた聖杯》によって効果無効になっているモンスター対象発動できますか?
A:はい、そのモンスター対象発動でき、攻撃力は0になります。(12/09/23)

Q:1つ目の効果で、攻撃力0のモンスター対象にできますか?
A:いいえ、対象にできません。(12/09/15)

Q:1つ目の効果解決時対象に選択したモンスター攻撃力が他のカードの効果により0になった場合、無効にする効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(12/09/15)

Q:《シャインエンジェル》効果の対象とした時、その効果はどうなりますか?
A:墓地発動する効果無効にできないため、効果発動された場合特殊召喚は通常通り行われます。(12/09/15)

Q:1つ目の効果によって攻撃力を0(元々1400)にされたモンスター対象《収縮》発動した場合どうなりますか?
A:元々の攻撃力の半分の700となります。またエンドフェイズ時以降、攻撃力は1400に戻ります。(12/10/07)

Q:1つ目の効果攻撃力を0にされたモンスターが、《ゴーストリック・デュラハン》効果攻撃力を半分にされました。
  次のターン以降、攻撃力はどうなりますか?
A:元々の攻撃力に戻ります。(14/10/25)

Q:1つ目の効果攻撃力を0にされたモンスターが、《EMウィップ・バイパー》効果攻撃力守備力を入れ替えられました。
  次のターン以降、攻撃力はどうなりますか?
A:元々の攻撃力に戻ります。(14/10/25)

Q:自分から攻撃して相手モンスター戦闘破壊された場合、2つ目の効果発動しますか?
A:はい、発動します。(12/09/15)

Q:裏側守備表示状態で相手カードの効果により破壊された場合、2つ目の効果発動しますか?
A:はい、発動します。(13/08/26)

Q:コントロールを奪われている際に自分または相手によって破壊された場合、2つ目の効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(12/09/27)

Q:《スキルドレイン》《禁じられた聖杯》効果無効化されているモンスターに対して、このカードの効果発動しました。
  《スキルドレイン》《禁じられた聖杯》適用されなくなった後も、このカードの効果によって無効にしたままとなりますか?
A:このカードの効果によって攻撃力0、効果無効にされたままとなります。(14/01/31)

広告