救済(きゅうさい)のレイヤード/Layard the Liberator》

効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1400/守1500
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
カウンター罠が発動される度に除外された
自分の天使族モンスター2体を手札に加える。

 ENEMY OF JUSTICEで登場した光属性天使族下級モンスター
 カウンター罠発動に合わせて、天使族を補充する永続効果を持つ。

 効果発動できれば2枚分のアドバンテージを稼げるが、その発動条件は少々重い
 天使族モンスターが2体以上除外されてなければ手札加える事はできず、それを用意するだけでも手間がかかる。
 《マスター・ヒュペリオン》《天空の宝札》等を主軸とし、除外アドバンテージを稼げるようにしておきたい。

 墓地を肥やすのとは違って、除外するためには必ず何かしらのカードを使用しなければならず、手札事故の原因となりやすい。
 また、カウンター罠発動を必要とするために単体では機能せず、加えて相手の行動に合わせなければならないため、受け身になりやすい。

 《豊穣のアルテミス》《天空聖者メルティウス》と比較して腐る可能性が格段に高く、ステータスが低いことから場持ちにも不安がある。
 《シャインエンジェル》《コーリング・ノヴァ》リクルートに対応しているため、複数枚積むよりはピン挿しで投入しておく方が良いだろう。

 採用されるのは【エンジェル・パーミッション】等であるが、《裁きを下す者−ボルテニス》と比較しても使い難さが目立ち、専用の構築が必要になる。
 天使族と、それを除外するためのカード、さらにカウンター罠がある程度必要になるため、デッキにそれら以外のカードを投入するスペースは少なくなる。

 また、天使族カウンター罠については幅広く選択肢があるが、天使族除外する手段は選択肢が少ない。
 かつては天使族を指定する除外カードがなく、《神聖なる魂》《死霊の巣》等が使われていた。

関連カード

除外されているカード手札戻すカード帰還を参照

―《救済のレイヤード》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:どのタイミングで回収しますか?
A:カウンター罠の処理が終わった直後です。
 例えば「1:《最終戦争》」「2:《マジック・ドレイン》」「3:《神の宣告》」とチェーンが積まれたとします。
 この場合、逆順処理で「3:《マジック・ドレイン》無効」にし2体回収、「2:発動効果無効により処理なし」(回収もなし)の後「1:全体除去」を行います。


Tag: 《救済のレイヤード》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 天使族 攻1400 守1500

広告