巨大戦艦(きょだいせんかん) カバード・コア/B.E.S. Covered Core》

効果モンスター
星7/地属性/機械族/攻2500/守 800
このカードの召喚時にカウンターを2つ置く。
このカードは戦闘によっては破壊されない。
戦闘を行った場合、ダメージステップ終了時にコイントスで裏表を当てる。
ハズレの場合、カードのカウンターを1つ取り除く。
カウンターのない状態で戦闘を行った場合、
ダメージステップ終了時にこのカードを破壊する。

 SHADOW OF INFINITYで登場した地属性機械族最上級モンスター
 巨大戦艦の一体であり、巨大戦艦共通の効果を持つが、カウンターを取り除く誘発効果コイントスを必要とする。

 他の巨大戦艦とは異なり、コイントスカウンターを取り除くか否かを決める代わりに自身の効果で乗るカウンターの数が2つしかない。
 運が良ければカウンターを失わずに戦闘を継続できるが不安定さは否めず、最短で往復1ターン自壊してしまう。
 また、特殊召喚ではカウンターが乗らないため、《巨大要塞ゼロス》《ボスラッシュ》での特殊召喚との噛み合いもイマイチ。
 一応、巨大戦艦の中では2位タイの攻撃力であり、《巨大要塞ゼロス》適用下では攻撃力3000のアタッカーにはなる。

 最大の問題は、同種族・同属性・同攻撃力を持ち、こちらよりも遥かに扱いやすい《巨大戦艦 ブラスターキャノン・コア》の存在である。
 あちらは緩い条件で特殊召喚でき、こちらよりも守備力が高く、召喚特殊召喚の両方で3つのカウンターが乗る、と殆どこちらの上位互換に近い。
 レベルモンスターが殊更必要でなければこちらを優先する利点が無いため、【巨大戦艦】でも優先度が低くならざるを得ないだろう。

  • コナミのゲーム作品において―
    KONAMIの名を一躍有名にした横スクロールシューティング『グラディウス』シリーズにたびたび登場するボス。
    初出は『グラディウス II』。
    コアを守る3枚の回転カバーと破壊不能のミサイル弾幕が特徴だが、回転カバーはプログラミングのミスで弱点からずれて停止してしまう醜態をさらしている。
    カウンターを取り除く判定にコイントスを用いるのはカバーに攻撃が遮断される事を再現しているのだろう。
    他の巨大戦艦と比べても原作を強く意識した効果であると言える。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:取り除くカウンターはどんな種類のカウンターでも良いのですか?
A:いいえ、このカードの召喚時に置かれたカウンターだけを取り除くことができます。(07/08/03)


Tag: 《巨大戦艦 カバード・コア》 モンスター 効果モンスター 星7 地属性 機械族 攻2500 守800 巨大戦艦

広告