巨竜の聖騎士(パラディン・オブ・フェルグラント)/Paladin of Felgrand》

効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1700/守 300
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分の手札・デッキからレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を
装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):装備カードを装備したこのカードは他のモンスターの効果を受けない。
(3):自分フィールドのモンスター1体とこのカードをリリースし、
自分の墓地のレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 ストラクチャーデッキR−巨神竜復活−で登場した光属性戦士族下級モンスター
 最上級ドラゴン族を装備する誘発効果装備モンスター状態でモンスター効果を受けない永続効果、自身を含む2体のモンスターコスト最上級ドラゴン族蘇生させる起動効果を持つ。

 (1)の効果により、召喚・特殊召喚に成功した場合に手札デッキからレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を装備カード扱いとして装備できる。
 (2)の効果と合わせてモンスター効果への耐性を得られるが、耐性を得たところでこのカードは準下級アタッカー程度の攻撃力しかなく、他のカードとのコンボを狙うのが基本となる。
 装備カードとする候補の筆頭は(3)の蘇生効果と相性の良い《巨神竜フェルグラント》だろう。
 その他、破壊トリガーとする効果を持つレベル7・8のドラゴン族も相性が良く、蘇生効果を持つ《光と闇の竜》を装備してもいい。
 変わったところでは《ドラグニティアームズ−レヴァテイン》を装備し、別の《ドラグニティアームズ−レヴァテイン》特殊召喚に利用することもできる。

 (3)の効果により、自分フィールドモンスター1体と自身をリリースし、レベル7・8のドラゴン族モンスター1体を蘇生することができる。
 (1)の効果で装備したレベル7・8のドラゴン族を何らかの手段で墓地へ送り蘇生対象とするのが基本だろう。
 一応、リリースの後に蘇生対象を指定するため、リリース時に装備していたドラゴン族蘇生対象とすることができる。
 ただし、蘇生対象となる他のレベル7・8のドラゴン族墓地にいなければ、発動することはできない。(空撃ちを参照)

 《巨神竜の遺跡》とは相性が良く、このカード装備カードとしたレベル7・8のドラゴン族墓地へ送りつつ巨竜トークンを生成し、それをリリースする事で即座に蘇生できる。
 また、そのレベル7・8のドラゴン族を維持できれば相手モンスター効果を一部封じることもできる。

関連カード

―《巨竜の聖騎士》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《巨竜の聖騎士》 モンスター 効果モンスター 星4 光属性 戦士族 攻1700 守300

広告