極炎舞(ごくえんぶ)−「星斗(セイト)」/Ultimate Fire Formation - Seito》

通常罠
自分の墓地の「炎舞」と名のついた
魔法・罠カード7枚をゲームから除外して発動できる。
自分の墓地から「炎星」と名のついたモンスターを可能な限り特殊召喚する。
その後、この効果で特殊召喚したモンスターの数まで、
デッキから「極炎舞−「星斗」」以外の
「炎舞」と名のついた魔法・罠カードを選んで自分フィールド上にセットできる。

 COSMO BLAZERで登場した通常罠
 墓地炎星を可能な限り特殊召喚し、その数までデッキから炎舞と名のついた魔法・罠カードセットする効果を持つ。

 発動に成功すれば最大で5体のモンスター特殊召喚し、魔法・罠カードを4枚までセットすることができる。
 発動に必要なコスト墓地からの除外であるため、無効にされても直接的なディスアドバンテージは発生しない。
 しかし発動時には墓地炎舞を一気に失ってしまうため、《間炎星−コウカンショウ》との兼ね合いには注意したい。

 除外コスト炎舞と名のついた魔法・罠カードが7枚と非常に多いものの、多くの炎星炎舞デッキからセットする効果を持つため、現実的な範疇ではある。
 また、炎舞墓地に溜めた後でこのカードサーチすることも容易なので、1枚のみの採用でも十分に機能する。
 このカード自身もコストにできるため、複数積んでも手札交換等で墓地に置けば事故を防げる。

 《英炎星−ホークエイ》《捷炎星−セイヴン》は比較的簡単な条件で炎舞デッキからセットできるため、これらを《地獄の暴走召喚》等で展開すればそれだけで3枚がサーチできる。
 それ以外にも、《微炎星−リュウシシン》なら炎舞発動するだけでデッキから炎舞セットでき、さらに《威炎星−ヒエンシャク》蘇生させればもう1枚セットできる。
 デッキからセットする炎舞サーチ効果を持つ《炎舞−「天キ」》を使用すれば、《捷炎星−セイヴン》効果で更なる炎舞を稼げる。
 炎星モンスター墓地にたまりやすいため、蘇生対象にも困りにくい。
 また、《永遠の淑女 ベアトリーチェ》デッキから炎舞墓地へ送る手段や、運の要素が絡むものの、《名推理》《モンスターゲート》ライトロードでもコストを貯められる。

 だが、それらの効果を駆使しても発動条件が厳しい事に変わりは無く、発動を意識せずに適当に採用しても発動条件を満たす前にデュエルが終了してしまう事が殆どだろう。
 発動には炎星炎舞、及び墓地炎舞を増やす為のカードが必要となるため、デッキの大半のスペースを割かれてしまい、汎用魔法・罠カードの採用が困難となる点も非常に痛い。
 見返りは非常に大きいが、デッキを尖らせなければ発動が困難な為、総じて玄人好みのカードと言えるだろう。

  • イラストには北斗七星が描かれている。
    星の色は、対応する炎舞イラストに描かれている炎の色と同じである。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《極炎舞−「星斗」》 通常罠 炎舞

広告