極星天(きょくせいてん)ヴァルキュリア/Valkyrie of the Nordic Ascendant》

チューナー(効果モンスター)
星2/光属性/天使族/攻 400/守 800
このカードが召喚に成功した時、相手フィールド上にモンスターが存在し、
自分フィールド上にこのカード以外のカードが存在しない場合、
手札の「極星」と名のついたモンスター2体をゲームから除外して発動する事ができる。
自分フィールド上に「エインヘリアル・トークン」
(戦士族・地・星4・攻/守1000)2体を守備表示で特殊召喚する。

 STORM OF RAGNAROKで登場した光属性天使族下級モンスターチューナー
 召喚に成功した時に手札極星と名のついたモンスター2体を除外し、トークン特殊召喚する誘発効果を持つ。

 トークン生成能力により、即座にレベル6、10のシンクロモンスターシンクロ召喚できる。
 しかしその発動条件は厳しく、デュエル序盤ならば機会はあるだろうが、展開の進んだ終盤に向かうほど発動は難しい。
 フリーチェーン《極星宝グングニル》除外等、積極的に効果を狙いたいならばフィールドを一時的に空にする工夫が必要となる。
 手札コストとするカード共々温存することで、《裁きの龍》等の全体除去を受けたとしても切り返せるが、全体除去を受けたならそのまま1ターンキルになる可能性が高い。
 無効にされた場合は、多大なディスアドバンテージを負うことになる。
 普通に運用しても極星除外メリットが乏しく、極星獣以外とのシナジーが薄いため、このカードを主軸にすると手札事故を招く危険性が高くなる。

 極星天チューナーなので、《極神聖帝オーディン》シンクロ召喚自己再生に利用できる。
 前述の通りこのカードの効果に頼るのは不安なので、レベルモンスターを素早く展開できる《墓守の偵察者》《幻銃士》を併用し、自身の効果以外でもシンクロ召喚できるようにしたい。
 《極星霊リョースアールヴ》《極星獣ガルム》であれば効果ステータスからある程度レベル分を並べやすく、自身のコストも兼ねることができる。
 《フォトン・スラッシャー》特殊召喚後、《極星霊リョースアールヴ》召喚して《フォトン・スラッシャー》を指定、効果でこのカード特殊召喚すれば《極神聖帝オーディン》シンクロ召喚できる。

 手札コスト縛りと、同じ種族レベルにも複数のチューナーは存在することから、《極神聖帝オーディン》を擁するデッキ以外への採用意義は薄い。
 一方で《極神聖帝オーディン》を主軸とするデッキでは、自己再生コストに使用する事も踏まえてフル投入が推奨される。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:誘発効果です。(10/11/19)

Q:効果解決時自分フィールド上に2体以上の空きがない場合、処理はどうなりますか?
A:効果解決時に2ヶ所以上の空きが無くなった場合、エインヘリアル・トークン特殊召喚する事はできません。(10/11/24)


Tag: 《極星天ヴァルキュリア》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星2 光属性 天使族 攻400 守800 極星 極星天

広告