銀河の魔導師(ギャラクシー・ウィザード)/Galaxy Wizard》

効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻   0/守1800
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
このカードのレベルをターン終了時まで4つ上げる。
(2):このカードをリリースして発動できる。
デッキから「銀河の魔導師」以外の「ギャラクシー」カード1枚を手札に加える。

 デュエリストパック−カイト編−で登場した光属性魔法使い族モンスター
 自身のレベルを4上げる起動効果と、自身をリリースすることでデッキからギャラクシーサーチする起動効果を持つ。

 (1)の効果は自身のレベルを4つ上げる効果で、下級モンスターでありながらレベル8としても扱える。
 《ガガガマジシャン》も似た効果を持っているが、こちらは小回りが効かない代わりに、《地獄の暴走召喚》などで複数展開が可能である。
 発動ターン通常召喚が行えない代わりに《アクセル・ライト》にも対応しているため、《地獄の暴走召喚》発動機会を作ることは容易である。
 自身が高レベルギャラクシーになれる点を活かし、《銀河遠征》発動条件を満たす補助としても最適であり、そのままランク8のエクシーズモンスターへと繋げられる。

 (2)の効果ギャラクシーカードサーチする効果
 【ギャラクシー】の動きの要である、《銀河眼の光子竜》《銀河戦士》を揃えるために使うのが主になるだろう。
 モンスターに関してはリリース無しでサーチ可能な《銀河戦士》もあるが、こちらは魔法・罠カードサーチ可能な点で差別化できる。
 《ギャラクシー・サイクロン》で邪魔なカード除去して安全を確保したり、《銀河遠征》《ギャラクシー・クィーンズ・ライト》エクシーズ召喚の補助をしたりと選択肢は豊富である。
 墓地蘇生制限を満たしたギャラクシーアイズエクシーズモンスターがいれば、《銀河零式》サーチすることで強力な効果と4000もの打点を持つモンスターに即座に繋げることもできる。

 攻撃力が低いため、サーチリクルートしやすいのも利点であり、【ギャラクシー】【フォトン】ではサポートカードと併用してデッキの動きを支える潤滑油となる。
 ただし通常召喚した場合は攻撃力0をさらけ出す為に効果無効化には注意が必要である。
 場合によっては返しのターンサンドバッグにされないため、効果無効化されていても(2)の効果リリースして墓地へ送った方が良い事もある。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカード効果適用されレベルが上がっている状態の時に《禁じられた聖杯》効果でこのカード効果無効になった場合、レベルは元に戻りますか?
A:はい、元に戻ります。(12/09/15)


Tag: 《銀河の魔導師》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 魔法使い族 攻0 守1800 ギャラクシー

広告