銀河眼の雲篭(ギャラクシーアイズ・クラウドラゴン)/Galaxy-Eyes Cloudragon》

効果モンスター
星1/光属性/ドラゴン族/攻 300/守 250
このカードをリリースして発動できる。
自分の手札・墓地から「銀河眼の雲篭」以外の
「ギャラクシーアイズ」と名のついたモンスター1体を選んで特殊召喚する。
「銀河眼の雲篭」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
また、このカードが墓地に存在する場合、
自分のメインフェイズ時に自分フィールド上の
「ギャラクシーアイズ」と名のついたエクシーズモンスター1体を選択して発動できる。
墓地のこのカードを選択したモンスターの下に重ねてエクシーズ素材とする。
「銀河眼の雲篭」のこの効果はデュエル中に1度しか使用できない。

 PRIMAL ORIGINで登場した光属性ドラゴン族下級モンスター
 自身をリリースしてギャラクシーアイズ特殊召喚する起動効果墓地からギャラクシーアイズエクシーズモンスターエクシーズ素材にする起動効果を持つ。

 1つ目の効果は、自身をリリースすることでギャラクシーアイズ手札墓地から特殊召喚する効果
 特殊召喚対象では《銀河眼の光子竜》が唯一のメインデッキに入るモンスターだが、多数のサポートカードの存在から手札墓地へ送るのが容易であるため扱いやすい。
 他のギャラクシーアイズは全てエクシーズモンスターであるため、蘇生後に《ギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴン》《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》へと繋げることで単なる打点強化以上の働きを見せてくれる。
 このカード自体もギャラクシーに属しているため、《銀河の魔導師》で簡単にサーチでき、あちら共々《アクセル・ライト》リクルートも可能である。
 また、《銀河戦士》《ワン・フォー・ワン》手札《銀河眼の光子竜》墓地へ送りつつ、このカードサーチリクルートできるので相性が良い。
 ギャラクシーアイズ軸の【ギャラクシー】ならば、《金華猫》でこのカード蘇生させることで、毎ターンギャラクシーアイズ特殊召喚するのも有効な戦法になり得る。

 2つ目の効果は、自身が墓地に存在する場合にギャラクシーアイズエクシーズモンスターエクシーズ素材として追加する効果
 蘇生したエクシーズモンスター《RUM−七皇の剣》特殊召喚した《CNo.107 超銀河眼の時空龍》は、通常よりもエクシーズ素材が少ないため、それをフォローできる。
 ただし、前述したように《ギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴン》《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》に移行することも多く、さらにこの効果デュエル中に1度しか使用できないので、あくまでも緊急手段と考えておきたい。

  • 「雲」ではなく「雲」、「クラウドドラゴン」ではなく「クラウドラゴン」、「篭(かご/籠)」という漢字には「ドラゴン」の意味はない、と非常に間違えやすいカード名を持つため、宣言や検索の際には注意したい。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:エクシーズ素材にする効果効果解決時対象に選択したモンスター《神竜騎士フェルグラント》効果カードの効果を受けない状態になった場合でも、このカードエクシーズ素材にする効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(14/03/13)


Tag: 《銀河眼の雲篭》 効果モンスター モンスター 星1 光属性 ドラゴン族 攻300 守250 ギャラクシー ギャラクシーアイズ

広告