()刻印(こくいん)/Battle-Scarred》

永続罠
自分フィールド上に存在する「デーモン」という名のついた
モンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターがスタンバイフェイズに払うライフポイントは
相手プレイヤーも払う。
このカードがフィールド上から離れた時、選択したモンスターを破壊する。
選択したモンスターがフィールド上から離れた場合、このカードを破壊する。

 闇魔界の脅威で登場した永続罠
 デーモンの維持コスト相手にも払わせる効果を持つ。

 「コスト相手にも痛み分けする」というのは聞こえはいいが、自分フィールド上全体ではなく特定のデーモン1体分にしか適用できない。
 よって相手に払わせるライフコストは各ターン500〜1000ポイント前後がせいぜいである。
 デーモンコスト《万魔殿−悪魔の巣窟−》で軽減したり《巨大化》などで活かしたりするのが普通であり、バーンならば《仕込みマシンガン》等を使った際のダメージよりも低い事が多いので役に立つ機会は限られる。
 このカード対象となったデーモンの両方を維持し続けなければならないため、バーンカードとしての安定性は明らかに悪い。

 さらに、「ライフポイント相手プレイヤー『も』払う」であり、自分ライフコストを払い続けることには何の変わりもない。
 挙句に、このカード破壊されるとせっかく召喚したデーモン破壊されてしまう。
 わざわざ弱点を増やすだけであり、このカードを無理に採用するくらいなら各種汎用性の高いバーンライフ回復カードを投入したほうが良い。

  • 英語名を直訳すれば「傷跡を残した戦い」であり、日本名と訳が異なっている。
    恐らくグロテスクな表現を避けるためであり、イラストの血液も緑色に変更されている。

関連カード

―名前関連

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:《万魔殿−悪魔の巣窟−》が場に存在する場合、相手プレイヤーライフポイントを支払う必要がありますか?
A:自分が支払うライフポイントが無くなっているので、相手プレイヤーも支払いません。

Q:自分フィールド上に《血の刻印》を装備した《ヘルポーンデーモン》が存在する状態で自分スタンバイフェイズを迎えたとします。
このとき自分ライフポイントが8000で相手ライフポイントが400の場合、 相手ライフポイントが0になることによってデュエルに敗北しますか?
A:その場合、自分は500ライフポイントを支払いますが、相手ライフポイントを支払いません。 よって、相手デュエルに敗北する事はありません。(10/04/16)

Q:このカード効果《メンタルスフィア・デーモン》を選択して発動できますか?また、発動できる場合スタンバイフェイズ時に《メンタルスフィア・デーモン》魔法・罠カード発動無効にする効果発動する場合に、相手もその1000ライフポイントを払いますか?
A:はい、発動できます。また、ライフポイントは相手も払います。(10/07/22)

Q:このカード効果で、ライフポイントを払う処理を行わない「デーモン」と名のついたモンスターを選択して発動する事はできますか?
A:できません。(10/07/22)

Q:対象に選択したモンスターエクシーズ素材になった場合、《血の刻印》は破壊されますか?
  破壊されない場合《血の刻印》の効果適用されますか?
A:破壊されずにフィールド上に意味のないカードとして残り続けます。(12/10/26)


Tag: 《血の刻印》 永続罠

広告