見習(みなら)魔女(まじょ)/Witch's Apprentice》

効果モンスター
星2/闇属性/魔法使い族/攻 550/守 500
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
フィールド上の闇属性モンスターの攻撃力は500ポイントアップし、
光属性モンスターの攻撃力は400ポイントダウンする。

 Vol.6で登場した闇属性魔法使い族下級モンスター
 闇属性攻撃力を上昇し、光属性攻撃力を減少する永続効果を持つ。

 同じサイクルのモンスターの中ではその属性種族から、サポートは多い。
 また《A・ジェネクス・パワーコール》の存在もあり、併用すればこのカード自身もアタッカーとなれる。

 ただし、闇属性を使用するデッキは非常に多いため、使いどころを間違えると逆にピンチとなる事も十分考えられる。
 このカードが離れれば効果が消えるとはいえ、【ヴェルズ】等の展開力の高いデッキコントロール奪取も備えており、奪取された上に一斉攻撃を食らうという可能性もある。
 使用の際は相手デッキも考え、不利になりそうな際はシンクロ素材エクシーズ素材にしてしまう等の使い方も考えておきたい。
 【ジャンク・ウォリアー】とは効果の都合上相性はいい。

 光属性弱体化させる効果は、こちらも有用ではあるが自分に影響が及ぶ可能性もある。

  • コナミのゲーム作品において―
    DM2では効果を持たず、「魔法を習い始めたばかりの未熟な魔女 よく失敗をする」というテキストを有していた。
    また、イラストOCGとは全く異なるものであり、他のイラストの構図や雰囲気だけが変更された多くのモンスターと違い、このカードはデザインレベルで全くの別物になっている。
    DM3からは自分の場の黒魔族を1段階(500ポイント)パワーアップし、白魔族を1段階パワーダウンするさせるという起動効果を得た。
    ゲームでも《スーパースター》と対をなす効果である。
    元々の攻撃力の低さが幸いしてデッキキャパシティが低く、女性モンスターであるために融合に使いやすいなど、序盤で手に入れられればかなり役に立つカードであった。
    ただしDM8では永続効果に変更され、弱体化した。
  • 真DM2の戦闘時の攻撃モーションでは、相手に放った魔法が一度自分に返ってきてしまうという、魔法の未熟さが伺える演出が存在する。

関連カード

―自身と同じ属性モンスター攻撃力を500強化し、相反する属性モンスター攻撃力を400弱体化させる効果を持つモンスター《スーパースター》を参照

―類似系効果

色違いモンスター

収録パック等


Tag: 《見習い魔女》 効果モンスター モンスター 星2 闇属性 魔法使い族 攻550 守500

広告