原始太陽(げんしたいよう)ヘリオス/Helios - The Primordial Sun》

効果モンスター
星4/光属性/炎族/攻   ?/守   ?
このカードの攻撃力・守備力は、
ゲームから除外されているモンスターの数×100ポイントになる。

 遊戯王デュエルモンスターズ エキスパート2006 付属カードで登場した光属性炎族下級モンスター
 除外されているモンスターの数によって攻撃力守備力が決定される効果を持つ。

 《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》とは異なり、モンスターしかカウントしない代わりに相手除外されたカードもカウントする。
 だが、余りに1枚当たりの攻守の上昇幅が小さく、《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》と違い戦闘能力にはほとんど期待できない。

 《マクロコスモス》デッキから特殊召喚できるので、展開力に優れる。
 相手墓地利用を封じるほか、カード・アドバンテージを稼げる。
 とはいえ、《マクロコスモス》そのものは基本的に早い段階での発動が望まれるカードであり、その状況でこのカード特殊召喚してもリクルータークラスにすら及ばない。
 基本的にリリースシンクロ素材エクシーズ素材に使用したいところ。
 《ヘリオス・デュオ・メギストス》などの上位種展開を狙っても良いだろう。

 この展開手段を用いる際に、気を付けなければならないのは、上述の通り、単体ではまったく機能しないカードなので、手札事故を招きやすいと言う点。
 【次元帝】では《異次元の生還者》などの補助と並行してリリースを調達できるが、元より手札事故になりやすいデッキであるため、採用を見送られる事も少なくない。

 レベル4とエクシーズ召喚に利用しやすいため、こちらを主軸とする場合、《ヴェルズ・サンダーバード》《フォトン・スラッシャー》など、手札に来てしまっても自力で並べやすいモンスターと併用したい。
 光属性を並べる手段は限られているため、《セイクリッド・オメガ》などを利用する場合有効な選択肢となる。
 ただし《マクロコスモス》から展開すると《輝光子パラディオス》ドローまで阻害するため注意。
 一方で、炎族2体からエクシーズ召喚出来る《ヘルフレイムゴースト》効果適用できる。

  • 「ヘリオス(Helios)」とは、ギリシャ神話における太陽の神の名。
    ちなみにギリシャ神話ではヘリオスは男神であり、イラストとは矛盾している。
    原子番号が2番目の「ヘリウム(Helium)」は、この「ヘリオス」が由来である。
  • アニメのイラストはOCGと背景・包帯の本数が異なっており、全身が写っていない。

関連カード

―モチーフ関連

収録パック等

FAQ

Q:除外されているカードが10枚の状態で、このカード対象《収縮》発動した場合、攻撃力はいくつになりますか?
A:エンドフェイズまで0になります。
  除外されているカードの枚数が変化したとしても、0のままです。(09/06/29)

広告