幻創(げんそう)のミセラサウルス/Miscellaneosaurus》

効果モンスター
星4/炎属性/恐竜族/攻1800/守1000
「幻創のミセラサウルス」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズにこのカードを手札から墓地へ送って発動できる。
そのメインフェイズの間、自分フィールドの恐竜族モンスターは相手が発動した効果を受けない。
(2):自分の墓地からこのカードを含む恐竜族モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。
除外したモンスターの数と同じレベルの恐竜族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

 レイジング・テンペストで登場した炎属性恐竜族下級モンスター
 自身を手札からコストにして恐竜族効果耐性を与える誘発即時効果、自身を含む恐竜族墓地から除外する事で恐竜族リクルートする起動効果を持つ。

 (1)の効果永続効果以外への耐性を付与できる効果
 メインフェイズ限定だが、自分ターン除去を警戒せずに安全に展開でき、相手ターンでも起動効果などによる除去をけん制できる。
 もっとも、カウンター罠などでフィールドに出る前に除去されるのは防げず、フリーチェーンの場合はバトルフェイズに移行して対処できるため、抜け穴も多い。
 また、このカード墓地に落とすために使用し、(2)の効果に繋ぐのもいい。

 (2)の効果は自身を含む墓地コストによるリクルート効果
 墓地に置いた直後から発動可能なので、(1)の効果だけでなく、手札コストや各種素材にも使いやすい。
 除外コストがこのカードだけでも《ジュラック・アウロ》リクルート可能で、自壊デメリットもそのままジュラック蘇生シンクロ召喚に繋げれば問題ない。
 自身もジュラック属性種族が一致しており、サポートカードも共有できる。

 手札1枚の消費でレベルチューナーを能動的にリクルートできるため、(2)の効果だけを目当てに《ジュラック・アウロ》とセットでの出張も可能。
 《化石調査》《魂喰いオヴィラプター》サーチも可能。

 墓地除外コストとするため、《ディノインフィニティ》との相性も良好。
 自身を含めた4枚を除外することで《ディノインフィニティ》攻撃力4000の状態でリクルートできるため、他の除外ギミックを投入しない場合にも採用が考えられる。

 《ベビケラサウルス》《プチラノドン》リクルートし、エンドフェイズ破壊効果発動トリガーにするのもいいだろう。

  • イラストはティラノサウルスをベースとして、トリケラトプスの上顎、プテラノドンの腕、ステゴサウルスの背中、アンキロサウルスの尻尾を組み合わせたような骨の体をしている。
    複数の恐竜を組み合わせて作られていることから、名前のミセラとは寄せ集めを意味する「Miscellany」のことだろう。
    恐竜の知識が乏しかった昔の骨格標本は、複数の恐竜の骨が混ざり合っていることも珍しくなかった。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:フィールドモンスターがいない時に(1)の効果発動できますか?
A:はい、(1)の効果発動できます。(17/03/01)

(2)の効果について

Q:《幻創のミセラサウルス》の(2)の効果《ベビケラサウルス》特殊召喚しました。
 エンドフェイズ《ベビケラサウルス》破壊されますが、この時《ベビケラサウルス》効果発動できますか?
A:ご質問の状況の場合、《ベビケラサウルス》効果発動できます。(16/10/13)


Tag: 《幻創のミセラサウルス》 モンスター 効果モンスター 星4 炎属性 恐竜族 攻1800 守1000

広告