(ひかり)召集(しょうしゅう)/Beckoning Light》

通常罠
自分の手札を全て墓地へ捨てる。
その後、この効果で墓地へ捨てた枚数分だけ
自分の墓地から光属性モンスターを選んで手札に加える。

 天空の聖域で登場した通常罠
 手札を全て捨て、捨てた分だけ光属性サルベージする効果を持つ。

 以前は回収候補が宣告者程度しかいなかったが、《裁きの龍》《オネスト》《エフェクト・ヴェーラー》等の登場によって使い所が増えた。
 例えば、相手攻撃宣言に合わせて発動して《オネスト》を回収、戦闘巻き戻しが行われないので《オネスト》を使って迎撃と罠カードならではの戦術も可能となった。
 他には【魔轟神】【光天使】とも相性が良く、大きくアドバンテージを稼げる可能性がある。
 また、捨てた光属性を即座にサルベージする事もできるため、実質的に手札光属性は残しておく事ができる。
 ただし、このカードを使うということは手札の全てを相手に知られるという事であり、情報アドバンテージを大幅に失うことになる事には注意。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXの「十代vsエド」(1戦目)においてエドが使用。
    ドローした《モンスターゲート》を捨てて墓地《神聖なる球体》を回収し、《大天使ゼラート》効果発動に繋げた。
    また、早乙女レイのデッキに投入されていることや、黒い霧事件で回収されたカードの内の1枚である事が確認できる。
    • アニメARC-V第21話で柚子のデッキに入っている事が確認できる。
      最初にばら撒いた際にはUltra仕様だったが、アップになった際はNormal仕様のカードも確認できる。
      また、61話で「遊矢vs徳松」戦の観戦を希望する囚人の1人が看守に渡そうとしていた。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《光の召集》の効果で捨てた光属性モンスターを、《光の召集》の効果手札加えることができますか?
A:はい、可能です。(08/09/10)

Q:手札と同じ枚数の光属性墓地に存在するとき、このカードを発動しました。
  チェーン《D.D.クロウ》などで逆順処理の結果、このカードの効果解決時墓地手札よりも少ない光属性しか存在しなくなったとき、どのように処理しますか?
A:効果解決時捨てる手札の枚数よりも、墓地に存在する光属性モンスターが少ない場合、「手札を全て墓地捨てる」処理から不発です。
  手札加える処理も行いません。(09/03/14)

Q:墓地に存在する、光属性融合モンスターまたはシンクロモンスターを《光の召集》の効果対象にすることができますか?
A:はい、可能です。その場合は手札に加えず、エクストラデッキに戻します。(10/01/17)

Q:《マクロコスモス》《次元の裂け目》適用中にこのカードを発動できますか?
  また、手札に加えることもできますか?
A:発動はコストではないため、可能です。ただし、墓地発動時の手札の枚数の条件を満たしていることが条件です。
  回収に関しては墓地に捨てられないため不可能です。(10/08/16)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在する状態でこのカード発動した場合、どのような処理になりますか?
A:このカードの効果無効となります。(16/12/29)


Tag: 《光の召集》 通常罠

広告