光神機(ライトニングギア)轟龍(ごうりゅう)/Majestic Mech - Goryu》

効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2900/守1800
このカードは生け贄1体で召喚する事ができる。
この方法で召喚した場合、
このカードはエンドフェイズ時に墓地へ送られる。
また、このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が越えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。

 ※テキスト中の「生け贄」は「リリース」を指す。

 ENEMY OF JUSTICEで登場した光属性天使族最上級モンスター
 光神機の一体であり、《光神機−桜火》上位種である。
 妥協召喚できる召喚ルール効果と、そうした場合にエンドフェイズ時に自壊する誘発効果貫通ダメージを与える永続効果を持つ。

 下位種である《光神機−桜火》と同様の活用ができる。
 共通の利点・欠点等はあちらを参照の事。
 ただし永続効果である貫通効果まで封じる、《スキルドレイン》とはやや相性が悪い。

 このカード特有の利点としては、やはり天使族最高クラスの攻撃力が挙がる。
 《ダーク・アームド・ドラゴン》等の2800ラインのモンスター戦闘破壊でき、かつ貫通効果でほぼ確実に戦闘ダメージが見込める。
 妥協召喚可能なので奇襲性も持ち合わせており、フィニッシャーとしてはかなり強力なモンスターである。

 また《ジェルエンデュオ》《神の居城−ヴァルハラ》《死皇帝の陵墓》の存在から召喚特殊召喚も比較的容易。
 《光神化》《地獄の暴走召喚》コンボすれば、3体同時展開も可能。
 蘇生制限が無いので《光と闇の竜》《冥王竜ヴァンダルギオン》《アテナ》などで蘇生するのも手である。
 特に《アテナ》妥協召喚したこのカードコストとして墓地へ送り蘇生対象にこのカードを選択することで自壊デメリットを打ち消せる。
 それどころか《アテナ》誘発効果2回分で、合計1200ダメージのオマケ付きである。
 また、《トレード・イン》にも対応している。

  • 名前の由来は、旧帝国海軍の特殊潜行艇「蛟竜(こうりゅう)」だと思われる。
    1人乗りの潜水艦であり、魚雷を発射して敵艦艇を攻撃する機能を有していたが、搭乗者の生存率は低く事実上桜花と同じ特攻兵器であった。
    幸いというべきか、量産体制が整う前に太平洋戦争は終戦を迎え、蛟竜が実戦投入されることはなかった。
    しかし、同じ「海の特攻兵器」である人間魚雷「回天」は実戦に投入され、多くの若い命を散らしている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:妥協召喚したこのカードが、エンドフェイズまでに《月の書》等で裏側表示になりました。
  この場合、自壊しますか?
A:いいえ、しません。(11/03/18)

Q:上記のように裏側表示になり、エンドフェイズまでに再び表側表示になった場合は自壊しますか?
A:いいえ、しません。(11/03/18)


Tag: 《光神機−轟龍》 効果モンスター モンスター 星8 光属性 天使族 攻2900 守1800

広告