剛鬼(ごうき)サンダー・オーガ/Gouki Thunder Ogre》

リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/戦士族/攻2200
【リンクマーカー:上/左下/右下】
「剛鬼」モンスター2体以上
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
ターンプレイヤーは以下の効果を適用する。
●自分メインフェイズに通常召喚に加えて1度だけ、
このカードのリンク先となる自分フィールドに手札からモンスター1体を召喚できる。
(2):このカードのリンク先のモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードの攻撃力は400アップする。

 CIRCUIT BREAKで登場した地属性戦士族リンクモンスター
 リンク先モンスター召喚可能にする永続効果リンク先モンスター破壊された場合に自身の攻撃力を上げる誘発効果を持つ。

 リンク素材縛りリンク数は《剛鬼ザ・グレート・オーガ》と同じなので、リンク召喚についてはそちらを参照。

 (1)は自身のリンク先への召喚権追加。
 リンクマーカーの向きの関係上、エクストラモンスターゾーンに置かなければ無意味となる。
 また相手召喚権も増やしてしまうので、できれば相手側に向いているリンク先メインモンスターゾーンが埋まっているときにリンク召喚するのが望ましいだろう。
 もしくは、あらかじめ《奈落の落とし穴》などの除去カードを用意しておいて、相手側のリンク先召喚されたモンスター破壊し、(2)の自己強化に繋げることも考えられる。
 自分ターンモンスターを追加召喚し、そのままそのモンスターとでリンク4に繋げるのも良い。

 (2)はリンク先モンスター破壊トリガー自己強化を行う効果
 破壊の手段は問われておらず、1ターンに1度の制約もないので重ね掛けすればかなりの攻撃力が期待できる。
 この強化は永続であるため、繰り返し発動すれば高攻撃力で戦線を維持する事も可能。
 リンク先相手モンスターを展開してくれるのを待っていては、それより先に攻撃力が上がっていないこのカード自身が狙われやすいので、自爆特攻などで自分からモンスター破壊する方が得策である。
 リンク先リクルーターを出し、自爆特攻し続ければ大幅に攻撃力が上がる。

 総じて、同じリンク素材を持つ《剛鬼ザ・グレート・オーガ》より汎用性が劣る。
 このカードリンク召喚するなら上記のようにリンク4に繋げるか、(2)の効果を2回以上発動し、《剛鬼ザ・グレート・オーガ》では倒せない高攻撃力・低守備力モンスターリンクモンスターへの対処となるだろう。
 相手モンスターが多いならば、一気に《剛鬼ザ・マスター・オーガ》に繋げられるこちらを優先できるか。

  • 実況からは、《剛鬼ザ・グレート・オーガ》と双璧を成すモンスターとされている。
    また、《剛鬼ザ・ダークマスク》を装備したこのモンスターを、Go鬼塚は「ダーク・サンダー・オーガ」と呼んでおり、観衆やAIなども一貫してそう呼んでいた。
    その為、このモンスター自身の効果も《剛鬼ザ・ダークマスク》の効果も一括りに「ダーク・サンダー・オーガ」の効果と言われていた為、どちらの効果なのか分かり辛くなっているシーンもあった。
    ヒール役を演出する為か、《剛鬼ライジングスコーピオ》自爆特攻する際に尻尾を掴んで、《地獄螺戦鬼(ヘルリックス)モルモットロール》目掛けて投げ飛ばす描写がなされた。
  • 公式ホームページでは「仲間を犠牲に攻撃力をアップさせる」「その闘いぶりはまさにヒール」と紹介されているため、《剛鬼ザ・ダークマスク》の存在に関係なく元からヒール役の様である。
  • 同作においてGo鬼塚が使用した速攻魔法《剛鬼トペコンヒーロ》のイラストに描かれている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《剛鬼サンダー・オーガ》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク3 地属性 戦士族 攻2200 剛鬼

広告