剛鬼(ごうき)ライジングスコーピオ/Gouki Riscorpio》

効果モンスター
星5/地属性/戦士族/攻2300/守   0
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのモンスターが存在しない場合、または「剛鬼」モンスターのみの場合、
このカードはリリースなしで召喚できる。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「剛鬼ライジングスコーピオ」以外の「剛鬼」カード1枚を手札に加える。

 CODE OF THE DUELISTで登場した地属性戦士族上級モンスター
 自分フィールドモンスターが存在しない場合、または剛鬼のみが存在する場合にリリース無しで召喚できるルール効果フィールドから墓地へ送られた場合に剛鬼サーチする誘発効果を持つ。

 (2)のメインデッキ剛鬼モンスター共通のサーチ効果については《剛鬼ツイストコブラ》を参照。

 (1)の効果リリース無しで召喚可能なので上級モンスター重さは軽減できる。
 剛鬼デッキでは剛鬼モンスターのみが存在する場合という条件も作りやすいので腐ることは少ないだろう。
 《剛鬼ツイストコブラ》の(1)の効果コストにこのカードを使えば大きな攻撃力強化にもなる。

 ただ、剛鬼共通のサーチ効果を目当てにするならあえてアドバンス召喚する手もある。
 剛鬼が既に1体墓地にいる場合、リリースした剛鬼《剛鬼再戦》サーチし、2体を蘇生させることでリンク召喚が可能。

 レベル5の戦士族なので《蛮族の狂宴LV5》による手札墓地からの特殊召喚も可能。
 サーチ効果墓地発動する効果なのであちらの効果無効の影響を受けない点も好相性である。
 ただし、同名カードを展開した場合サーチ効果は1体分しか発動しない点は気を付けたい。

  • 名前の由来はプロレス技の「スコーピオライジング」だろう。
    一般的に「シャイニング・ウィザード」として知られる飛び膝蹴りの亜種で、膝ではなく踵をぶつける技である。
    《剛鬼ツイストコブラ》と同様、元の技名の内、生物の名の部分が後ろに来る命名則となっている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《剛鬼ライジングスコーピオ》 モンスター 効果モンスター 星5 地属性 戦士族 攻2300 守0 剛鬼

広告