(とき)封印(ふういん)/Time Seal》

通常罠(禁止カード)
次の相手ターンのドローフェイズをスキップする。

 Curse of Anubis −アヌビスの呪い−で登場した通常罠
 次の相手ドローフェイズスキップする効果を持つ。

 ルール上セットした罠カードを次の相手ドローフェイズ前に発動することはできないので、阻害できるのはセットしてから「次の次の」相手ターン以降のドローフェイズになる。
 しかし、発動できれば確実に阻害できるため、相手手札をある程度把握していれば、ドローからの逆転を封じられる。
 また、フリーチェーンコストも無いため、《サイクロン》等へのブラフとしても非常に優秀である。
 もっとも「フィールドに干渉しない」、「自分が有利な時でなければドローロックの意味が乏しい」、「アドバンテージを得るには相手依存」など欠点も多く、この使い方だけでは禁止カードになるほどではなかった。

 このカードの真価は、《月読命》《闇の仮面》無限ループで使い回し、相手ドローを永続的にロックする戦術にある。
 相手がこのコンボを打破できない状況であれば、完全に身動きがとれなくなる。
 さらに、現役当時はエラッタ前の《王家の神殿》も現役だったため、セットした「次の」相手ターンドローを阻害できることもあった。
 このコンボは主に【Vドラコントロール】において《ヴィクトリー・ドラゴン》召喚するまでの時間稼ぎや、【TOD】において制限時間終了時まで相手ロックする方法として取り入れられていた。

関連カード

収録パック等


Tag: 《刻の封印》 通常罠

広告