(くろ)旋風(せんぷう)/Black Whirlwind》

永続魔法(準制限カード)
自分フィールド上に「BF」と名のついたモンスターが召喚された時、
そのモンスターの攻撃力より低い攻撃力を持つ
「BF」と名のついたモンスター1体をデッキから手札に加える事ができる。

 RAGING BATTLEで登場した永続魔法
 BF召喚に成功した時にデッキからBFサーチできる効果を持つ。

 BF召喚する度にサーチできるため、【BF】ならば実質1ターンに1度サーチできる。
 《BF−暁のシロッコ》《BF−漆黒のエルフェン》と相性がよく、BF下級モンスターは全てサーチ可能。
 《BF−疾風のゲイル》《BF−黒槍のブラスト》《BF−そよ風のブリーズ》ならばサーチ直後に自身の効果により特殊召喚できる。
 特に《BF−疾風のゲイル》効果も優秀で、さらにチューナーのためシンクロ召喚につなげられ、非常に強い。

 攻撃力上昇効果を持つ《BF−月影のカルート》サーチすれば相手にプレッシャーをかけられる。
 効果を使用せずに手札に温存できれば、次のターンにそのまま召喚し、《BF−疾風のゲイル》サーチしてレベル6のシンクロモンスターシンクロ召喚できる。
 【BF】ならば柔軟にサーチでき、かつアドバンテージも得られる強力なカードである。

 参照するのが元々の攻撃力でないため、フィールド魔法等の強化カードを使用することで同名カード、あるいはそれよりも高い攻撃力を持つ者もサーチ可能となる。
 モンスター全てを鳥獣族に統一する必要があるが、《一族の結束》も強力なサポートになる。

 このように非常に強力なカードなのだが、このカードの脅威となりうるカードも少なくない。
 上記の通り参照するのが元々の攻撃力でないため、《強者の苦痛》等の全体弱体化カード発動されている場合は思うようにサーチができなくなってしまう。
 また、BFモンスター召喚されたタイミングで相手《月の書》《奈落の落とし穴》等が発動されてもサーチできない。
 《黒い旋風》の効果解決時にそのBFモンスター表側表示で存在しない場合、サーチ効果適用できないからである。
 このカード自身のサーチ封殺も併せ、BFのその後の展開をも止められるため非常に厄介である。
 無論、全てのサーチ持ち・永続魔法にも言える事だが《ライオウ》《サイクロン》も弱く、メタになるカードが意外に多い事には留意しておきたい。

  • Vジャンプ2009年5月号の遊戯王コーナーの「ジャンボ牛尾の今月の1枚」では、このカードが4枚入っていた。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALではEXステージのクロウが使用する。
    アニメにも一切登場していないが、関連カードのためか専用ボイスが設けられている。

手札に加えられる「BF」と名のついたモンスター(攻撃力順)

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:チェーンブロックを作りますか?
A:はい、作ります。(09/02/14)

Q:召喚されたBFと名のついたモンスター対象をとる効果ですか?
A:いいえ、対象をとる効果ではありません。(09/03/05)

Q:このカードが複数枚発動されている場合、手札加える効果は重複しますか?
A:はい、重複します。その際、双方をチェーンに積んで処理します。(09/02/14)

Q:《BF−銀盾のミストラル》召喚した時に発動できますか?(100より攻撃力の低いBFは存在しない)
※09/04/19時の質問。現在の最低攻撃力《BF−熱風のギブリ》の0
A:召喚した時点の攻撃力を下回るBFと名のついたモンスターデッキに存在しない場合は発動できません。(09/04/19)

Q:《BF−銀盾のミストラル》召喚した時にフィールド魔法等で攻撃力が上昇していた場合は発動できますか?
A:発動できます。同名カード加える事も可能です。(09/04/19)

Q:《BF−極北のブリザード》召喚時に《BF−極北のブリザード》効果発動した場合はチェーンしてこのカード発動できますか?
A:はい、誘発効果チェーンをして発動できます。
  また、先にこのカード発動して《BF−極北のブリザード》効果チェーンする事も可能です。(09/02/26)

Q:このカードの解決時に召喚されたBFフィールド上に表側表示で存在しなかった場合はこの効果は適用されますか?
A:いいえ、されません。(09/02/15)

Q:このカードの解決時に召喚されたBF《エネミーコントローラー》などの効果相手フィールド上にコントロールが移った場合でもこの効果は適用されますか?
A:はい、適用されます。(09/03/26)

Q:このカードの発動チェーンをして、召喚されたBF《突進》発動した場合は攻撃力いくつのモンスター手札加える事がてきますか?
A:効果解決時攻撃力で判断されるため、《突進》によって攻撃力が上昇した後の数値より低いモンスター手札加える事ができます。(09/02/15)

Q:このカードの発動チェーンをして、召喚されたBF《収縮》発動しました。
  効果解決時攻撃力が半分になった後のBFより攻撃力が低いBFが存在しない場合、デッキに存在しない事を証明するために相手デッキを公開しなければなりませんか?
A:はい、解決時に攻撃力の低いBFデッキの中に存在しない場合は相手デッキ公開する必要があります。(09/03/10)

Q:相手バトルフェイズ中に《血の代償》手札からBF召喚した場合効果発動出来ますか?
A:はい、効果発動する事が可能です。(10/01/27)

広告