黒炎弾(こくえんだん)/Inferno Fire Blast》

通常魔法
このカードを発動するターン、「真紅眼の黒竜」は攻撃できない。
(1):自分のモンスターゾーンの「真紅眼の黒竜」1体を対象として発動できる。
その「真紅眼の黒竜」の元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

 SOUL OF THE DUELISTで登場した通常魔法
 《真紅眼の黒竜》元々の攻撃力分のダメージを与える効果を持つ。

 《真紅眼の黒竜》専用のサポートカードであり、バーンカードとしては中々に高いダメージ量を持つ。
 与えられるダメージは基本的には2400だが、下記の様に例外が生じるケースも多い。
 発動するターン攻撃が封じられるデメリットが発生するが、これは《真紅眼の黒竜》に限られるため、各種素材やリリースなどで処理してしまえばデメリットを軽減できる。
 同名カードの制限も無いので、1ターンに複数枚発動できれば例え攻撃できずともかなりのダメージは稼げる。

 カード名の変更が有効なので、《E・HERO プリズマー》《真紅眼融合》《真紅眼の黒竜》扱いにしても発動可能。
 特に《流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン》の場合、このカード2枚と自身のバーン効果を合わせれば先攻1ターンキルも実現可能。
 2枚目が無い場合も、《連続魔法》《魔法石の採掘》で2回の発動を狙うこともできる。
 一方、《真紅眼融合》で出した《超魔導竜騎士−ドラグーン・オブ・レッドアイズ》効果対象にならないためこのカードを使用できない。

 参照とするのは元々の攻撃力なので、強化してもダメージ量は増やせないが、聖刻特殊召喚している場合等でもダメージが減らないというメリットにもなる。
 《真紅眼の亜黒竜》蘇生させた場合は元々の攻撃力が変化するためバーンダメージも倍になる。

関連カード

効果イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《D−HERO ダイヤモンドガイ》効果でこのカードをめくった場合、ダメージはどうなりますか?
A:この魔法カード効果は、「《真紅眼の黒竜》」を対象とする効果です。
  「《真紅眼の黒竜》」がフィールドに存在しない場合は、「選択した『《真紅眼の黒竜》』」が存在しないため、処理できません。
  「《真紅眼の黒竜》」が存在する場合は、それを対象に通常通りの処理を行います。

Q:《黒炎弾》を1ターンに複数回発動することはできますか?
A:はい、できます。

Q:《黒炎弾》を先攻ターン目に発動することはできますか?
A:はい、できます。

Q:《真紅眼の黒竜》対象に《黒炎弾》を発動後、効果処理時対象《真紅眼の黒竜》フィールド上に存在しなかった場合、ダメージを与えることが出来ますか?
A:ダメージを与える事はできません。(09/03/26)

Q:このカード発動しその後《ヒーロー・マスク》《真紅眼の黒竜》を別のカード名に変更した場合、そのモンスター攻撃できますか?
A:攻撃できます。(10/09/07)

Q:《絶対魔法禁止区域》フィールド上に存在する時にこのカード発動した場合、そのターン《真紅眼の黒竜》は攻撃できますか?
A:《絶対魔法禁止区域》効果適用されている場合であっても、このカード発動したターン中に、《真紅眼の黒竜》攻撃する事はできません。(11/12/08)

Q:このカード発動し、その後《絶対魔法禁止区域》発動した場合《真紅眼の黒竜》攻撃できますか?
A:いいえ、攻撃する事はできません。(11/12/08)


Tag: 《黒炎弾》 魔法 通常魔法

広告