黒猫(くろねこ)(にら)み/Black Cat-Astrophe》

通常罠
(1):自分フィールドに裏側守備表示モンスターが2体以上存在する場合、
相手バトルフェイズに発動できる。
そのバトルフェイズを終了する。
(2):墓地のこのカードを除外し、「占術姫」モンスターを含む
フィールドの表側表示モンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。

 コレクターズパック−運命の決闘者編−で登場した通常罠
 バトルフェイズを終了させる効果墓地のこのカード除外して占術姫を含む2体のモンスター裏側守備表示にする効果を持つ。

 (1)だけでは《威嚇する咆哮》などに劣るため、基本的には(2)の効果も活かせる占術姫を使う場合に採用することになる。
 《マジカルシルクハット》とは相性が良く、裏側守備表示モンスターを3体用意できるため発動条件を満たせ、他にもこのカードモンスターとしてセットし、墓地に置いて(2)の効果につなぐことができる。

 (2)の効果相手モンスターにも対応し相手ターンでも発動できるため、相手シンクロ召喚エクシーズ召喚の妨害にも大きく役立つ。
 手札コスト《おろかな副葬》等で積極的に墓地に送っていきたいところ。

  • 英語名は、大惨事・破滅などを意味する「catastrophe」と猫の「cat」を組み合わせているようである。
  • ミエルは発動する際に「運のない者が不用意に動くと不吉なことが起こる」と、このカード名に掛けた台詞を述べている。
    ソリッドビジョンに13体の黒猫が現れたこともあってか、観戦していたアユやフトシも不吉なものを感じていた。
    また、この時のミエルのセリフからすると、現れる黒猫の数はランダムのようである。

関連カード

収録パック等


Tag: 《黒猫の睨み》 通常罠

広告