鎖龍蛇(さりゅうじゃ)−スカルデット》

リンク・効果モンスター
リンク4/地属性/ドラゴン族/攻2800
【リンクマーカー:上/左下/下/右下】
カード名が異なるモンスター2体以上
(1):このカードは、このカードのリンク素材としたモンスターの数によって以下の効果を得る。
●2体以上:このカードのリンク先にモンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動する。
そのモンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
●3体以上:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札からモンスター1体を特殊召喚する。
●4体:このカードがリンク召喚に成功した時に発動できる。
自分はデッキから4枚ドローし、その後手札を3枚選んで好きな順番でデッキの下に戻す。

 EXTREME FORCEで登場した地属性ドラゴン族リンクモンスター
 リンク素材としたモンスターの数に応じて得られる以下の3つの効果を持つ。

 リンク素材にした数によって、最大3つの効果が使えるようになるが、必要なリンク素材は全てカード名が異なるモンスターでなければならない。
 ただ、リンクマーカー自分フィールドに3つ向いており、リンク先の確保を狙う上では有用となり得る。
 《機械複製術》のように複数展開が可能なカード同名カードを並べることが多いが、別のリンクモンスターを経由すれば簡単に出せる。
 例えば《スケープ・ゴート》からでも、羊トークン1体を《リンク・スパイダー》、2体を《プロキシー・ドラゴン》の素材とすれば、3体以上の効果を利用できる。
 手札レベル4以下の通常モンスターがあるなら、《リンク・スパイダー》効果を使うことで、羊トークン《リンク・スパイダー》《プロキシー・ドラゴン》《リンクリボー》の4体で、召喚権を使わずにリンク召喚できる。

 リンク素材が増える毎にリンク先召喚特殊召喚されたモンスター強化手札からの特殊召喚、4枚ドロー手札交換効果が使えるようになる。

 リンク素材が2体以上の場合、リンク先モンスター強化
 微弱ではあるものの強化そのものにデメリットはなくエンドフェイズ以降も続き、トリガーもゆるいので積極的に使っていくといいだろう。
 ただし強制効果であり、自分だけでなく相手モンスター強化してしまうのが難点である。

 リンク素材が3体以上の場合、手札からモンスター特殊召喚できる。
 手札からのレベルなどに制限のない特殊召喚が可能であり、展開補助が可能。

 リンク素材が4体の場合、4枚ドローしたあと3枚をデッキボトムに送る手札交換
 手札交換系列のカードと比べても交換できる枚数が多く、1枚分のアドバンテージを稼ぐことができる。

 手札交換手札の質を向上させ、その中にある後続を手札からリンク先特殊召喚して強化する一連の流れができる。
 カード名が異なる4体のモンスターを用意するのは難しいように思えるが、トークンを用いるカードなどを使えば比較的容易にできる。
 例えば上記の《スケープ・ゴート》相手ターンに使った後、自分ターンで何らかのモンスター召喚すれば条件が整う。
 しかし普通にモンスターを展開して狙うのは消費が激しく、リンク2以上のモンスターを含めて使うのが無難だろう。
 効果を考えなくても、自分モンスターゾーンリンクマーカーが3つ向いているほぼデメリットのないリンク4である。

  • 2体・3体の場合はその数以上が条件となっているのでリンク素材が4体ならば3つの効果全てを使うことができる。
  • 分銅鎖と呼ばれる武器に分類されるものの中に、「鎖龍蛇(さりゅうだ)」と呼ばれる道具がある。
    読み方は違うが、おそらくこのカードのモチーフの1つであろう。

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:2体以上をリンク素材としてリンク召喚しました。
  《スキルドレイン》適用されている時、チェーンブロックを作る目的で「●2体以上」の効果発動できますか?
  それとも、「効果を得る」効果無効になって発動自体ができませんか?
A:はい、その状況でも、「●2体以上」の効果発動できます。(17/10/15)

Q:《プロキシー・ドラゴン》セキュリティトークン羊トークンリンク素材としてリンク召喚しました。
  「●2体以上」「●3体以上」の効果発動できますか?
A:はい、3体がリンク素材となっていますので「●2体以上」「●3体以上」の効果発動できます。(17/10/15)


Tag: 《鎖龍蛇−スカルデット》 リンクモンスター 効果モンスター モンスター リンク4 地属性 ドラゴン族 攻2800

広告