最期(さいご)同調(どうちょう)/Final Gesture》

通常魔法
自分フィールド上のレベル3モンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターと同名のモンスター1体を
自分の手札・墓地から選んで特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
このターンのエンドフェイズ時、選択したモンスターを破壊する。

 ABYSS RISINGで登場した通常魔法
 レベルモンスターを指定し、同名カード手札墓地から特殊召喚する効果を持つ。

 ランク3のエクシーズ召喚サポートカードとして利用でき、チューナー特殊召喚すれば複数回のシンクロ召喚も狙うことができる。
 特に《幻影王 ハイド・ライド》ならば同名カード同士でシンクロ召喚を行うことが可能。
 《仮面竜》《共鳴虫》のようなレベル3のリクルート効果を持つモンスターと共に採用するのも悪くはない。
 レベル3中心ならば《カードガンナー》《マスマティシャン》墓地を肥やすのもいい。
 同名カード特殊召喚する都合上、墓地霊使い蘇生させ、憑依装着を出すことも可能。

 とは言え、レベル3のモンスター2体でシンクロ召喚エクシーズ召喚を行うだけの運用方法ならば《クレーンクレーン》等の方が扱いやすい。
 こちらは同名カードを展開する点をメインに活用することで差別化を図りたい。
 例として《ガガガガール》を展開してエクシーズ素材にすることで、弱体化効果を2体のモンスターに対し発動できる。
 《アーマード・フライ》《フォトン・サーベルタイガー》ならばデメリットを消した上でアタッカーとして展開する運用が可能。
 特に後者は自身のサーチ効果により発動条件を簡単に満たせる。
 下級モンスターレベル3であり、効果無効化が気にならない【グレイドル】でも相性が良く、自壊効果《グレイドル・アリゲーター》ならばメリットへと変換される。
 墓地へ送られた場合に効果を発揮する彼岸も相性が良いのだが、いずれもカード名を指定して1ターンに1度の制限がかかっているため、先にフィールドに存在している同名カード効果を同一ターン中に使わない工夫が必要。

 《プロト・サイバー・ドラゴン》を指定し、《サイバー・ドラゴン》《サイバー・ドラゴン・ドライ》蘇生させることもできる。
 ただし、《サイバー・ドラゴン・ツヴァイ》らは効果無効化されてしまうので、《サイバー・ツイン・ドラゴン》などの融合素材にできない点には注意。
 コンボ前提となるがレベル3のモンスター《ヒーロー・マスク》を使い、墓地へ送ったE・HERO蘇生させるのも有効。
 E・HEROは多彩なレベルモンスターが存在するので、融合だけでなくレベルチューナーからのシンクロ召喚の選択肢も豊富。

 また、《ハウリング・ウォリアー》《下降潮流》レベル3にした上級最上級モンスター等でも発動条件を満たすことが可能。
 特殊召喚したモンスター効果無効になるが、アタッカーとして運用する分には問題ない。
 《E・HERO プリズマー》ならば効果カード名をコピーすることで墓地へ送ったモンスター蘇生できる。
 同様に《リサイクル・ジェネクス》で任意のジェネクスをコピーすることでも蘇生の準備が整い、こちらはシンクロモンスターも選択できる。

  • 「最」ではなく「最」である。
    なお、「最期」とは「死に際」を意味する。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:選択したモンスター効果解決時フィールド上に表側表示で存在しなくなった場合、特殊召喚する処理は行われますか?
A:行われません。(12/07/25)

Q:選択したモンスターレベル効果解決時に変化していた場合、特殊召喚する処理は行われますか?
A:行われます。(12/07/25)

Q:レベル通常モンスター対象発動できますか?
A:はい、発動でき特殊召喚できます。(12/09/12)

Q:墓地に、正規手順で特殊召喚した《魔装騎士ドラゴネス》がいます。
  場の《魔装騎士ドラゴネス》対象発動できますか?
A:はい、発動でき特殊召喚できます。(12/09/12)

Q:効果解決時特殊召喚可能なモンスターがいない場合、相手が公開を要求したならば手札を見せなければいけませんか?
A:はい、見せる必要があります。(12/07/25)

Q:選択した《ステルスバード》エンドフェイズ裏側守備表示の場合破壊されますか?
A:されません。(12/07/25)

Q:破壊する効果チェーンブロックが作られますか?
A:いいえ、作られません。(12/07/28)


Tag: 《最期の同調》 魔法 通常魔法

広告