()(ジェネレイド) ヘル/Hela, Generaider Boss of Doom》

効果モンスター
星9/闇属性/アンデット族/攻 800/守2800
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):「死の王 ヘル」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたはアンデット族モンスター1体をリリースし、
そのモンスターとはカード名が異なる自分の墓地の、
「ジェネレイド」モンスターまたはアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 デッキビルドパック ミスティック・ファイターズで登場した闇属性アンデット族最上級モンスター
 自分フィールドに1枚しか存在できないルール効果ジェネレイドアンデット族リリースしてカード名の異なるジェネレイドアンデット族蘇生する誘発即時効果を持つ。

 固有効果ジェネレイドアンデット族蘇生
 フリーチェーンだが蘇生守備表示限定のためバトルフェイズの追撃には不向き。
 相手ターンでも使える特殊召喚時の誘発効果フリーチェーン効果を持つモンスター蘇生させたいところ。

 【ジェネレイド】では、なるべくジェネレイドトークンコストにしたいが、フィールドに出た後はバニラ同然の《光の王 マルデル》コストにするのも手。
 自分ターン《光の王 マルデル》コストに別のジェネレイド蘇生させ、返しのターンでそれをコスト《光の王 マルデル》蘇生させればサーチアドバンテージが稼げる。

 【アンデット族】では、墓地肥やしが得意な種族なので、蘇生先として有用なモンスター墓地に用意するのは難しくない。
 なるべくトークン《ゾンビキャリア》といった特殊召喚しやすいモンスターコストにしたい。
 相手ターンで使えることから《死霊王 ドーハスーラ》とは相性が良く、フィールド魔法さえあれば毎ターンコストとして使え、他のモンスターリリースすればあちらの効果トリガーとなる。
 【魔妖】は特に相性がよく、《氷の魔妖−雪娘》《麗の魔妖−妲姫》コストを準備しやすく、毎ターンフリーチェーン魔妖シンクロモンスター蘇生時の効果を使い回せる。

  • 「ヘル」は英語で「地獄」を意味するが、他のジェネレイドを考えると、北欧神話に登場する「ヘル」の方が由来だろう。
    北欧神話において老衰や疾病による死者の国を支配する女神であり、エーリューズニルという館に住む。
    ロキが巨人のアングルボザとの間にもうけたと云われ、フェンリルヨルムンガルドは彼女の兄弟である。
    その姿は半身がそれぞれ青と人肌の色、もしくは上半身が人肌の色で下半身は腐敗して緑がかった黒へ変色しているとされる。
    これは彼女の体の半分が生きていて、もう半分が死んでいるということを意味している。

関連カード

―《死の王 ヘル》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《死の王 ヘル》 モンスター 効果モンスター 星9 闇属性 アンデット族 攻800 守2800 ジェネレイド

広告